2017年08月03日 05時00分 公開
特集/連載

医療法人がSalesforceを導入 医療マーケティングのメリットとは医療分野にもマーケティングは必要(1/2 ページ)

既存の患者とのつながりを維持しつつ、新規患者を呼び込むため、ウィスコンシン州の大規模医療法人Auroraは、自社のデジタルマーケティングにSalesforceのMarketing Cloudを導入した。

[Shaun Sutner,TechTarget]

画像 患者にとって、その病院で治療を受ける「価値」を明確にする時代が来た

 今日の医療サービスは、ビジネスとしての側面を持つ。既存の顧客を大切にしつつ、常に新規顧客を開拓しなければならないからだ。

 米国ウィスコンシン州の医療法人、Aurora Health Care(以下Aurora)は、Salesforce.com(以下Salesforce)の「Marketing Cloud」を導入。既存の患者と将来の患者を対象に、医療マーケティング活動を促進した。

医療におけるCRM

 同社のデジタルマーケティング担当ディレクターであるマリー・フリードマン氏は、電子メール中心のマーケティング戦略を、Marketing Cloudで強化したと語る。同氏によれば、同戦略は、Auroraの実施する顧客関係管理(CRM)の一部だという。「Auroraは、『顧客』を重視している。つまり患者だ」と同氏は語る。

 Auroraは、2016年上旬にMarketing Cloudを導入した。同社は従来、医療向けアプリケーションベンダーEpic Systemsの患者ポータル(注)「MyChart」の一部である電子メールやメッセージ機能、電話による予約のリマインダー機能を使っていた。マーケティングなどの目的に特化した電子メール機能は、同社になかったという。

※注:インターネットで、患者が安全な方法で個人の健康情報をやりとりできる機能。患者と医療機関の間でのコミュニケーションや診療費の支払い機能なども備える。

SalesforceはEvariantと連動

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...