2017年08月03日 05時00分 UPDATE
特集/連載

医療分野にもマーケティングは必要医療法人がSalesforceを導入 医療マーケティングのメリットとは (1/2)

既存の患者とのつながりを維持しつつ、新規患者を呼び込むため、ウィスコンシン州の大規模医療法人Auroraは、自社のデジタルマーケティングにSalesforceのMarketing Cloudを導入した。

[Shaun Sutner,TechTarget]

画像 患者にとって、その病院で治療を受ける「価値」を明確にする時代が来た

 今日の医療サービスは、ビジネスとしての側面を持つ。既存の顧客を大切にしつつ、常に新規顧客を開拓しなければならないからだ。

 米国ウィスコンシン州の医療法人、Aurora Health Care(以下Aurora)は、Salesforce.com(以下Salesforce)の「Marketing Cloud」を導入。既存の患者と将来の患者を対象に、医療マーケティング活動を促進した。

医療におけるCRM

 同社のデジタルマーケティング担当ディレクターであるマリー・フリードマン氏は、電子メール中心のマーケティング戦略を、Marketing Cloudで強化したと語る。同氏によれば、同戦略は、Auroraの実施する顧客関係管理(CRM)の一部だという。「Auroraは、『顧客』を重視している。つまり患者だ」と同氏は語る。

 Auroraは、2016年上旬にMarketing Cloudを導入した。同社は従来、医療向けアプリケーションベンダーEpic Systemsの患者ポータル(注)「MyChart」の一部である電子メールやメッセージ機能、電話による予約のリマインダー機能を使っていた。マーケティングなどの目的に特化した電子メール機能は、同社になかったという。

※注:インターネットで、患者が安全な方法で個人の健康情報をやりとりできる機能。患者と医療機関の間でのコミュニケーションや診療費の支払い機能なども備える。

SalesforceはEvariantと連動

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...