2016年04月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「モバイルで実現したい目標は何か」を整理しよう「攻めの予防医学」にモバイルデバイスをどう使うか?

医療の現場ではモバイルデバイスの採用が着実に進んでいる。だが専門家によれば、まだ解決すべき課題もあるという。何がしたいのかを明確にし、効果的なデータ活用を実現すれば、医療の質の向上につながる。

[Kristen Lee,TechTarget]

関連キーワード

iPad | 電子カルテ | 医療IT | モバイル端末


徳永薬局 徳永薬局は訪問薬剤師に「iPad」を配布して「訪問結果報告書」の入力などに役立てている(TechTaretジャパン「『iPad』で業務を効率化した徳永薬局が目指す“在宅調剤”の理想像」より《クリックで拡大》

 課題はまだ残っているものの、医療現場ではモバイル技術の採用が進んでおり、その利用場面は多岐にわたる。2016年2月末から3月にかけてラスベガスで開催された医療ITに関する学会 「HIMSS 2016」(※)において、専門家らはそう語った。

※HIMSS:Healthcare Information and Management Systems Society(病院情報管理システム学会)


アルン・ラシッド氏 アルン・ラシッド氏

 「医師がiPadなどのタブレット端末を使うようになってきている。患者はiPhoneやAndroid端末を使っている。モバイルという要素は実際に、一部の分野のケアの変革に大いに貢献している」とピッツバーグ小児病院のグローバル医療サービス担当で、副院長兼医療情報部門長(CIO)を務めるアルン・ラシッド氏は語る。


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...