2015年07月06日 15時00分 公開
特集/連載

医療業界“ビッグデータ失敗事例”で判明した、3つの要因活用を阻むさまざまな障壁(1/2 ページ)

ビッグデータとデータアナリティクスは、投薬の精密化、公衆衛生、バリューベースのヘルスケアへの道を開いた。だが、この分野のITプロフェッショナルの前には、まだ大きな障壁がある。

[Kristen Lee,TechTarget]
photo 「IBM Watson Health」のインフォグラフィックス《クリックで拡大》

 医療機関を展開している米Granite Healthcare Networkは、レセプトデータの中に明らかな差異と思われる現象を発見した。だが同社の公衆衛生担当ディレクター、ボブ・ケイ氏によれば、その差異は後に誤りだったことが分かった。

 この謎を解き、真実を解明することができたのは、臨床ビッグデータのおかげだった。「レセプトの前後関係が非常に重要」だと同氏は指摘する。

 ヘルスケア分野におけるデータアナリティクスとビッグデータに関しては、多くの組織がデータの分析や活用はおろか、データを理解することにさえ苦慮している。

レセプトデータは医療ビッグデータでは使えない?

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...