2015年07月06日 15時00分 公開
特集/連載

医療業界“ビッグデータ失敗事例”で判明した、3つの要因活用を阻むさまざまな障壁(1/2 ページ)

ビッグデータとデータアナリティクスは、投薬の精密化、公衆衛生、バリューベースのヘルスケアへの道を開いた。だが、この分野のITプロフェッショナルの前には、まだ大きな障壁がある。

[Kristen Lee,TechTarget]
photo 「IBM Watson Health」のインフォグラフィックス《クリックで拡大》

 医療機関を展開している米Granite Healthcare Networkは、レセプトデータの中に明らかな差異と思われる現象を発見した。だが同社の公衆衛生担当ディレクター、ボブ・ケイ氏によれば、その差異は後に誤りだったことが分かった。

 この謎を解き、真実を解明することができたのは、臨床ビッグデータのおかげだった。「レセプトの前後関係が非常に重要」だと同氏は指摘する。

 ヘルスケア分野におけるデータアナリティクスとビッグデータに関しては、多くの組織がデータの分析や活用はおろか、データを理解することにさえ苦慮している。

レセプトデータは医療ビッグデータでは使えない?

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...