2014年11月25日 08時00分 公開
特集/連載

次の注目は“医療ビッグデータ”、AppleとGoogleの戦略は?「iOS」と「Android」が機能を提供

米Googleの「Android」と米Appleの「iOS」は、各社のデバイスで健康管理に関する製品/サービスを提供するようになった。ユーザーは、どの健康管理プラットフォームを選ぶのだろうか。また、蓄積されるデータは一体どうなるのだろうか。

[Joseph Kim,TechTarget]
photo

 米Googleの「Android」と米Appleの「iOS」の戦いは今もなお激しい火花を散らしている。ここに「健康管理」という要素が加わった。多くのユーザーは、各OSに搭載されている健康管理プラットフォーム「Google Fit」と「Apple Health」を比較検討するようになっている。一般消費者は日常的な活動でもモバイルデバイスへの依存度が高くなっているのが実情だ。臨床的に意義のある健康情報を各自のモバイルデバイスに保存して共有することについて、テクノロジーをリードするユーザーはどう感じているのだろうか。ウェアラブルテクノロジーの導入は、デジタルヘルスのトレンドに拍車を掛けるのだろうか。

「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」、読者プレゼント実施中!

iPhone 6(写真はシルバー)

TechTargetジャパンは、「iPhone」「iPad」といったiOS端末の業務利用に関する記事を集約したテーマサイト「iOS端末で会社は幸せになれる? 『iPhone』『iPad』の業務利用は“天国”か“地獄”か」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」を抽選でプレゼントします。

プレゼント申し込みはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...