2014年09月19日 15時00分 公開
特集/連載

スマートフォン医療で病院の「待ち時間ゼロ」が現実にモバイルヘルスがERの滞在時間を短縮する

医師が患者に関する情報を早期に把握できるようになれば、治療と診断の迅速化につながる。その実現のために、医療機関に普及しつつあるモバイルデバイスは有効な手段となる。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 緊急救命室に運び込まれて、これからどのような治療が施されるのか分からない患者にとって、数分という時間は数時間もの長さに感じられることがある。入室から治療までの時間を短縮することは、最も簡単に医療の品質を上げる方法だ。特に救急治療が必要な患者にとって、その効果は大きい。

 モバイルヘルスデバイスを導入すると、瞬時にデータを送受信できるようになる。緊急救命治療室の滞在時間を短縮する方法を模索している病院にとって、モバイルデバイスは問題を解決する選択肢となるかもしれない。

モバイルが患者の不満解決の手段に

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...