2014年08月01日 08時00分 公開
特集/連載

動き始めた「スマートフォン医療」 手のひらを医療現場に患者との関係強化にも有効

スマートフォンなどのモバイルデバイスを医療に生かす「モバイル医療」の試みが広がっている。患者の健康改善や医療業務の効率化といった効果も明らかになり始めた。モバイル医療の最前線を追った。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 現在のモバイル技術をもってすれば、ヘルスケア業界が今日経験しているよりもはるかに高いレベルのモバイル医療(mHealth)が実現できる――。そう考える専門家は少なくない。モバイルデバイスの処理能力が足りていないのではなく、価値のあるモバイル医療アプリケーションが出そろっていないだけだ。

 そこで生じるのが、「どのような製品ならば、患者や医療従事者によるモバイル医療アプリの利用を最大限に促進できるか」「ヘルスケア分野の利害関係者はモバイル医療からどのような価値を引き出せるか」といった疑問である。

患者と保険者との関わり

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...