Oracle「全米電子カルテ」構想に立ちはだかる“難し過ぎる問題”とは?Cernerを買収したOracleの「全米カルテ構想」とは【後編】

Oracleは電子カルテ(EHR)ベンダーCernerを買収し、「全米EHR」構築の構想を示した。アナリストは「技術的にも法律的にもさまざまなハードルがある」と懸念を示す。その懸念とは何か。

2022年08月19日 05時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

関連キーワード

Oracle(オラクル) | 電子カルテ


 Oracleの会長兼最高技術責任者(CTO)ラリー・エリソン氏は、2022年6月9日(米国時間)に公開したウェビナーで自社のヘルスケア戦略と、電子カルテ(EHR:電子健康記録)ベンダーのCernerを買収した話題に触れた。そこでエリソン氏が示したのが、全米規模で連携するEHRデータベースである「全米EHR」を構築して、EHRシステムの相互運用性の問題解決を目指すという将来展望だ。

「全米EHR構想」を阻む“難し過ぎる問題”とは?

 全米EHRの構築をOracleが進めるに当たって、特に大きな問題は何なのか。調査会社Gartnerでアナリストを務めるグレッグ・ペシン氏は「データの相互運用性とEHRシステム同士の連携だ」と語る。

 ペシン氏によれば、「Oracleは目標達成のためにFHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)を利用する」との見方がある。FHIRは非営利医療IT標準化グループのHL7(Health Level 7 International)が開発したAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)だ。異なるEHRシステムの間でデータを共有する方法を定義し、医療データ交換用APIの仕様を含んでいる。

 FHIRにはまだ基本レベルの機能しかなく、全米EHRと個々のEHRシステムの間でデータのやりとりをするという目標を実現するまでの道のりは「遠い」というのが、ペシン氏の見解だ。「エリソン氏の展望を実現するには、FHIRを現状よりもはるかに成熟させる必要がある」(ペシン氏)

 全米EHRには「法的障壁も立ちはだかる」とペシン氏は指摘する。数百万人の患者データを保持する全米EHRをホスティングする役割をOracleが担う場合、そのデータの保護は連邦政府の問題に発展する可能性が高いと同氏はみる。全米EHR自体が重要インフラになるためだ。

 エリソン氏はヘルスケア戦略発表の中で「国家規模のデータベースを匿名化することで患者データを保護し、患者データに誰がアクセスできるかを患者自身が制御できるようにする」と述べている。そのためにはデータの扱いに関する同意プロセスを用意する必要があり、場合によっては「国家的な患者IDを創出する必要も考えられる」とペシン氏は指摘する。「そのためには、議会が動かなければならない」(同氏)

 Oracleが全米EHRの構築を目指すに当たっては大きな課題に直面する可能性が高い。だが音声認識ユーザーインタフェースの追加、遠隔医療モジュールの連携、疾病管理をターゲットとするAPIの使用など、エリソン氏が掲げたCernerのEHRシステム「Millennium」を改善するという目標は「現実的であり、短期間で実現できる」とペシン氏は語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...