2022年08月05日 05時00分 公開
特集/連載

OracleがCerner買収で目指す「全米EHR」とは?Cernerを買収したOracleの「全米カルテ構想」とは【前編】

Oracleは電子カルテ(EHR)ベンダーのCernerを約283億ドルで買収し、ヘルスケア戦略発表の場で「全米EHR構想」を掲げた。電子カルテの相互運用性は長年の間解決困難だったこともあり、アナリストは悲観的だ。

[Makenzie Holland,TechTarget]

関連キーワード

Oracle(オラクル) | 電子カルテ


 2022年6月6日(米国時間、以下同様)、Oracleは約283億ドルで電子カルテ(EHR:電子健康記録)大手ベンダーCernerの買収を終えた。そしてOracleは「全米EHR」を構築するという難易度の高い目標を掲げると同時に、CernerのEHRシステム「Millennium」を改善するという現実的な目標も発表した。

Oracleが目指す「全米EHR」の正体

 Oracleの会長兼最高技術責任者(CTO)を務めるラリー・エリソン氏は、2022年6月9日に公開したウェビナー「The Future of Healthcare」の中でOracleのヘルスケア戦略とCerner買収の話題に触れた。「医療機関ごとに分かれている数千件ものEHRデータベースの上に位置する、全米規模で連携するEHRデータベースとして全米EHRを用意する」と述べ、EHRシステムのデータ規格が統一されていない問題を解決する計画を発表した。一般的にEHRシステムは、患者のアレルギー、投薬、血液検査をはじめとする各種検査結果などのデータを保管している。

 エリソン氏によると、現在のEHRシステムは「患者中心」ではなく「病院中心」になっているのが問題だ。各病院が個別にEHRシステムを購入し、独立したネットワークで医療情報システムを運用することで、データベースも孤立している。医療機関は相互運用性の問題、つまり異なるEHRシステム同士で患者データを交換する難しさについて悩み続けている。

 「CernerとOracleが力を合わせれば、健康情報を管理する“画期的で新しいシステム”をクラウドインフラに構築するのに必要な技術を全て用意できる」とエリソン氏は豪語する。このシステムがあれば、医療従事者は今までよりも「はるかに効率よく、適切な情報を受け取ることができる」と同氏は強調する。「適切な情報は、医療を根本から変革する」(同氏)

 調査会社Gartnerでアナリストを務めるグレッグ・ペシン氏は、全米EHRを構築するというOracleの目標は「長い道のりとなり、多くの困難が待ち受けている」と指摘する。全米EHRの実現には「多くの障壁があるのが現実だ」とペシン氏は語る。


 後編は、Oracleが国家規模のEHRを作るに当たって直面し得る課題について、ペシン氏の見解を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...