Windows 10「なぜかネットが遅い」問題は“あれ”が原因だった?Windows 10パフォーマンス問題「5つの対処法」【第6回】

ネットワークの速度は、「Windows 10」搭載PCを快適に利用する上で重要だ。ネットワークインフラに問題がないのに速度が遅い場合、PC内の“ある要素”が影響している可能性があるという。それは何なのか。対処法は。

2022年08月07日 08時30分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」は、処理速度低下をはじめとするPCのパフォーマンス問題の対処に役立つ、さまざまな機能を備える。パフォーマンスに関する主要な5つの問題のうち、3つ目の要因と対処法を説明しよう。

3.ネットワーク接続が遅い

 データ転送速度の低下といったネットワークのパフォーマンス問題は、概して有線LANや無線LANといったネットワークインフラにおける、集中的な通信の発生が原因だ。こうしたネットワークインフラの問題に対して、PCレベルで対処できることはあまりない。

 Windows 10搭載PCでは、ネットワークインフラに問題がないにもかかわらず、ネットワークのパフォーマンス問題が生じることがある。その場合、まずはNIC(ネットワークインタフェースカード)のドライバをチェックするとよい。

画面 画面3 Intel製の無線NIC(無線LANアダプター)である「Intel Wireless-AC 9650」のプロパティ。ドライバのバージョンは「22.40.0.7」だ(筆者がスクリーンショットを取得、画面は英語版)《クリックで拡大》

 NICのドライバの情報は、Windows 10のデバイス管理ツール「デバイスマネージャー」(Device Manager)で確認可能だ。デバイスマネージャーの「ネットワークアダプター」(Network adapters)の項目を開くと、NICの一覧が現れる。NICの名称をダブルクリックすると、そのNICのプロパティ画面が開く。プロパティ画面の「ドライバー」(Driver)タブを開くと、名称やバージョンといったドライバの情報が確認できる(画面3)。

 利用中のバージョンのドライバに関して、他のエンドユーザーもトラブルを抱えている場合、インターネットで同様の問題に関する報告が見つかる可能性がある。「新しいドライバに更新するとパフォーマンス問題が解決するのかどうか」「ドライバを元のバージョンに戻すとパフォーマンス問題が解決するのか、むしろパフォーマンスが悪化するのか」を判断する際の参考になる。

 Windows 10搭載PCではほとんどの場合、NICのドライバを最新のバージョンに更新するか、過去のバージョンに戻すかのいずれかの手段で、ネットワークのパフォーマンス問題は解決できる。


 第7回は4つ目のパフォーマンス問題について、その要因と対処法を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

コカ・コーラ流 生成AIをマーケティングに活用する方法(無料eBook)
生成AIがこれからのマーケティングをどう変えるのかは誰もが注目するテーマ。世界最先端...

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...