2022年07月03日 10時30分 公開
特集/連載

「Windows 10」がぎりぎり動く“最低PC”スペックは本当に低かったWindows 10パフォーマンス問題「5つの対処法」【第1回】

快適に「Windows 10」搭載PCを利用するには、それなりのスペックのPCが必要だ。Windows 10のシステム要件を確認することは、必要なPCのスペックを考える第一歩となる。そのシステム要件は、意外なほどに低い。

[Ed Tittel,TechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」は、動作の安定性で定評がある。それでも他のクライアントOSと同様に、エンドユーザーはWindows 10搭載PCについて、処理速度などのパフォーマンスに不満を抱えることがある。特にスペックが不足気味のPCについては、IT管理者は概してパフォーマンス問題への対処を強いられる。

さすがに低過ぎ? 「Windows 10」が動く最低PCスペックはこれだ

 PCのスペックが十分かどうかを判断するためには、IT管理者はまず、Microsoftが提示しているWindows 10のシステム要件を確認するとよい。具体的なシステム要件は以下の通りだ。

  • プロセッサまたはSoC(プロセッサなどシステムの構成要素を1つのシリコンチップに集約した製品)
    • 動作周波数(クロック周波数)1GHz
  • メモリ
    • Windows 10が32bit版の場合は容量1GB、64bit版の場合は2GB
  • ストレージ
    • Windows 10が32bit版の場合は空き容量16GB、64bit版の場合は20GB
  • ビデオカード
    • 「Windows Display Driver Model」(WDDM)バージョン1.0以降のドライバを搭載、グラフィックス処理技術群「DirectX」バージョン9以降に準拠
  • ディスプレイ
    • 解像度800×600ピクセル

 上記の条件をぴったり満たしたPCで、Windows 10を動作させることは可能だ。ただし、その使用感にエンドユーザーがそれほど長く耐えることはできない。


 第2回は、より現実的なWindows 10搭載PCのスペックを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...