2022年07月31日 08時30分 公開
特集/連載

Windows 10“CPU使い過ぎ”問題が「Chrome」で発生しがちなのはなぜ?Windows 10パフォーマンス問題「5つの対処法」【第5回】

「Windows 10」搭載PCを快適に利用できるかどうかを左右する要素に、CPU利用率がある。どのような使い方をしていると、CPU利用率が高まりやすいのか。どうすればCPU利用率を抑えることができるのか。

[Ed Tittel,TechTarget]

 クライアントOSとしてMicrosoftの「Windows 10」を搭載するPCの利用時に、処理速度などのパフォーマンスに関する問題が発生した場合、どのように対処すればよいのだろうか。パフォーマンスに関する主要な5つの問題のうち、2つ目の要因と対処法を説明しよう。

2.CPU使用率が高い

 Windows 10のシステム監視ツール「タスクマネージャー」(Task Manager)は、「詳細」(Details)タブの「CPU」欄で、プロセス(「Windows」におけるプログラムの実行単位)ごとのCPU使用率を表示する。例えばCPU欄の数値が「50」(CPU使用率50%)以上の項目はチェックする価値があり、「80」(CPU使用率80%)以上の場合はほとんどの状況で注意を要する。

 バックアップをはじめとする、CPUやディスクの集中動作を伴う作業でも、通常はCPUにそれほどの負荷はかからない。起動ドライブやシステムドライブのバックアップ時でも、1個のプロセスでCPU使用率が15%を超えることはめったにない(画面2)。

画面 画面2 LenovoのノートPC「ThinkPad X1 Extreme」におけるCPU使用率の例。Paramount Software UKのバックアップソフトウェア「Macrium Reflect」を実行した場合、そのプロセス(reflectbin.exe)のCPU使用率は14%だった(筆者がスクリーンショットを取得、画面は英語版)《クリックで拡大》

 CPU使用率が高いプロセスへの対処は、困難が伴うことがある。通常はIT管理者が一般的な保守作業を一通り実行し、考えられる原因を排除する。主な保守作業は以下の通りだ。

  • PCを再起動し、必要なアプリケーションのみを開く
    • 「Chrome」「Firefox」「Edge」といった、複数のWebサイトを同時に開くタブ形式のWebブラウザは、複数のプロセスを発生させやすい。Webブラウザ関連のプロセスだけで、10個以上のプロセスが動作していることは珍しくない。必要最小限のWebブラウザのみを開くようにするとよい。
  • Windows 10の更新プログラムが全て適用されているかどうか、アプリケーションも同様に最新の状態になっているかどうかを確認する。デバイスドライバも同様に対処する
  • ローカルドライブ、特に起動ドライブやシステムドライブに対してWindows 10の「ドライブの最適化」を実行する
    • ドライブの最適化は、ドライブの「断片化」(ファイルを構成するデータの分散化)を解消し、PCの動作の安定性と速度の向上を支援する機能だ。

 第6回は3つ目のパフォーマンス問題について、その要因と対処法を解説する。

変更履歴(2022年8月5日12時28分)

記事公開当初、本文最終行で「第5回は」と記載していましたが、正しくは「第6回は」です。おわびして訂正します。本文は修正済みです。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...