WORMに「プラズモニックストレージ」という新発想 Blu-rayを用なしに?新種ストレージの台頭はいつになる?【第2回】

光学ストレージの新種として開発が進む「プラズモニックストレージ」。構造化データも非構造化データも増加が見込まれる中、この新種ストレージ技術から得られる利点とは。

2022年08月01日 08時15分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

データ | ストレージ


 「プラズモニックストレージ」は、金属表面における自由電子の集団振動である「表面プラズモン」をデータ保存に応用する。光学ストレージの容量や読み出し速度を大幅に高める技術として期待がかかる。パデュー大学(Purdue University)によれば、「WORM」(Write Once Read Many:書き込み1回、読み込み複数回)をはじめ応用可能な分野はさまざまだ。どのような利点が見込めるのか。

Blu-ray代替を狙う「プラズモニックストレージ」とは?

 表面プラズモンによって色を生成し、それをバイナリデータに変換するのがプラズモニックストレージの基本的な仕組みだ。色を生成するナノアンテナ(ユニットセルとも)の向きによってさまざまな色を生成する。これによって限られた領域により多くのデータを保存可能になる。

 光を識別する「光スペクトラムアナライザー」は、ディスク(記録媒体)が回転するときに色を読み取り、それをバイナリデータに変換する。複数の光スペクトラムアナライザーを組み合わせることで、読み取り速度が格段に向上する。

 プラズモニックストレージの応用が期待できるのは、読み取り専用のストレージを代替することだ。例えば既存のストレージとしては、オーディオやビデオの記録用に使われている光学ストレージ「Blu-ray Disc」がある。

 Blu-ray Discは、読み取り専用のデータをディスクに記録する。プラズモニックストレージは、このBlu-ray Discと似た方法で読み取り専用のデータを提供できることに加え、大容量化と読み取りの高速化を実現できる可能性がある。こうした特性は、特にビデオコンテンツ向けとして有効だ。別の言い方をすれば、プラズモニックストレージはWORM向け光学ストレージの、読み取り性能と容量を大きく改善できる可能性を秘める。

 その他、プラズモニックストレージは光学ストレージの一般的な特徴である耐久性も兼ね備えるので、データを長期保存するアーカイブ用として使える。機械学習、予測分析をはじめ大量のデータを活用する用途向けとしても活用できる可能性がある。

 以上の特徴をまとめると、プラズモニックストレージはさまざまな構造化データと非構造化データの長期保存に適している。データを高速に読み取れる特性は、企業にとっては時間の節約になる。例えば法令順守のために長期保存しておいたデータを取り出す際や、サイバー攻撃を受けてデータを復元する必要の生じた際に、データ読み取りの高速性が生きる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...