2022年07月29日 10時00分 公開
特集/連載

Microsoftが認定資格「MCSA」「MCSD」「MCSE」を廃止 その“深い狙い”とは?挑戦すべきMicrosoftクラウド認定試験4選【第1回】

ベンダー各社が用意する認定資格は、IT担当者の知識獲得に役立つ。Microsoftは主要な認定資格だった「MCSA」「MCSD」「MCSE」を廃止した。その背景には何があるのか。

[Brien Posey,TechTarget]

 従来は「Windows」搭載PCの管理を業務の中心としていたIT担当者でも、従業員のテレワーク体制を整える上で、クラウドサービスのスキルを新たに習得しなければならないことがある。特にWeb会議サービスなど、テレワークに適したクラウドサービスの知識が必要になる。こうした知識獲得の手段として役立つのが、ベンダー各社の認定資格だ。

Microsoftの認定資格「MCSA」「MCSD」「MCSE」廃止の“裏事情”

 Microsoftは、ユーザー企業のIT担当者が同社製クラウドサービスの知識を深められるようにするために、認定資格を複数用意している。こうした認定資格を取得することで、IT担当者は雇用主に自身のスキルを示したり、取引先に専門知識を提供したりできる。

 2020年にMicrosoftは認定資格を大きく変更した。従来の認定資格である

  • Microsoft Certified Solutions Associate(MCSA)
  • Microsoft Certified Solutions Developer(MCSD)
  • Microsoft Certified Solutions Expert(MCSE)

を廃止したのだ。

 認定資格変更の発表当時、Microsoftは「製品ごとに分かれた認定資格を廃止し、よりIT担当者の職務に重点を置いた認定資格を設ける」と述べていた。新しいMicrosoft認定資格は、「DevOps(開発と運用の融合)エンジニア」「システム開発者」「ITインフラ管理者」など、特定の職務に合わせて区分されている。


 次回はMicrosoftの認定試験の中から、同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」に関連する認定試験を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...