2022年08月01日 08時15分 公開
特集/連載

Meta Payを「決済サービス」として評価してはいけない“なるほどの理由”「Meta Pay」強化が意味するMetaの戦略【後編】

Meta Platformsの「Meta Pay」は決済サービスとして“勝ち組”になれない――。そうした見方がある一方、そもそもMeta Payを他の決済サービスと横並びで評価すること自体が無意味との声もある。どういうことなのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

Facebook


 「メタバース(巨大仮想空間)でエンドユーザーが快適な買い物をできるようにするには、従来型の決済システムを完全に作り直さなければならない」。調査会社OnConvergenceでアナリストを務めるトム・ブラネン氏はそう語る。

 ブラネン氏によると、Meta Platforms(旧Facebook)はメタバースにおける経済活動が本格化した時点で、いち早く決済手段を準備しておきたい考えがある。同社は2022年6月、決済サービス「Facebook Pay」の名称を「Meta Pay」に変更することを公表した。「メタバースで簡単に利用できる決済手段をいち早く提供しなければ、競合他社に利益をさらわれかねない」という懸念のためだ。

「Meta Pay」を他の決済サービスと単純比較できない訳

 Eコマース業者eBayは、オークション用の決済サービス構築に出遅れた。同社は勢力を広げていた決済サービスのPayPalと競争しようとして失敗に終わり、PayPalを買収することになった。

 調査会社Forrester Researchのアナリストであるマーサ・ベネット氏によると、Metaは厳しい戦いに直面している。Meta Payは、商品の購入やオンライン送金の手段として、PayPalほどの人気はない。「Meta Payは他の決済手段に比べて大きく後れを取っている」とベネット氏は話す。

 MetaのCEOマーク・ザッカーバーグ氏によると、同社がMeta Payに込める野心は決済手段にとどまらない。Meta Payは

  • デジタル商品の持ち主の証明
  • さまざまなメタバースを横断した決済
  • メタバースでの本人確認

に利用できるという。ただし同社はそうした機能の仕組みについて詳細を明らかにしていない。

 調査会社Constellation Researchは、メタバース市場が2030年までに21兆7000億ドル規模に到達する可能性があるとみる。2021年、MetaはVR(拡張現実)/AR(仮想現実)およびメタバース事業に100億ドル投資することを発表した。ところが報道によると、同社は収益が伸び悩む中、2022年春にはメタバース開発にかける予算を減らす計画だ。

 MetaがVR/AR市場で優勢に立っている部分もある。調査会社IDCの統計によると、同社のヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Meta Quest 2」は、2021年に世界で販売されたHMD(VR/ARヘッドセット)の売上台数のうち78%を占めた。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...