GitHubが「master」ブランチを「main」ブランチに変更した深い理由GitHub「デフォルトブランチ名変更」の影響【前編】

「GitHub」が新規作成リポジトリのデフォルトブランチ名を「master」から「main」に変更した。その背景には、差別的な言葉をなくそうとする世界的な動きがある。

2021年02月14日 10時30分 公開
[Carolyn HeinzeTechTarget]

 分散型バージョン管理システム(DVCS)の「Git」は誕生以来、ファイルやディレクトリの状態を保存する「リポジトリ」内にある「デフォルトブランチ」の名前を「master」に設定してきた。デフォルトブランチは、リポジトリ内で作業履歴の分岐を可能にする「ブランチ」のうち、リポジトリの作成時から存在するブランチのことだ。

 開発者が明示的な操作によって削除しない限り、Gitの全てのリポジトリにmasterブランチがあった。もっとも開発者がmasterブランチを削除することはめったになかった。ほとんどのソフトウェア開発プロジェクトでは、masterブランチは信頼できる情報源(Source of Truth)だ。masterブランチでは基本的に、機能する全てのコードがテストを経て本番環境にプッシュされる準備が整っている。

 ところが今では「master」という言葉は、ITの世界の内外で嫌われるようになっている。Gitや、Gitを活用したソースコード共有サービス「GitHub」もこの流れに後れを取らなかった。GitHubは2020年10月から、新規作成リポジトリのデフォルトブランチを「main」という名前にした。GitHubがユーザー向けにmasterブランチをデフォルトで作成することはもうない。

 なぜGitHubはデフォルトブランチ名をmasterからmainに変えたのか。この変更は開発者にどのような影響を与えるかを見てみよう。

「master」「slave」は人種差別的

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。