ソフトウェア開発の歴史を作った「ウオーターフォールの大誤解」とは?常にアジャイルが正しいとは限らない【前編】

ウオーターフォール型開発は、実はソフトウェア開発の“ある誤解”から生まれた開発手法だ。アジャイル型開発の考え方も踏まえて、ウオーターフォール型開発が生まれた歴史を振り返ってみよう。

2024年06月28日 08時00分 公開
[Matt HeusserTechTarget]

関連キーワード

アジャイル | 開発プロセス


 「ウオーターフォール」型開発は、開発工程を上流から下流へと順番に進める手法だ。長年にわたってさまざまな組織で採用されてきたこのウオーターフォール型開発は、ソフトウェア開発の“ある誤解”から生まれたものだった。それは、小規模な変更を短期間のうちに繰り返す「アジャイル」型開発とも関連がある。どういうことなのか。ソフトウェア開発の歴史を振り返ってみよう。

ソフトウェア開発の歴史を作った「ウオーターフォールの大誤解」

 1970年、コンピュータ科学者のウィンストン・ロイス氏は学術論文「Managing the Development of Large Software Systems」を発表した。

 ソフトウェアのバージョン管理が普及していなかった時代に発表されたこの論文は、大規模な開発チームでのソフトウェア開発の進め方を提案するものだ。開発者が設計書を作成する際に、共同作業で使うインタフェースを指定することで、チーム内の意思疎通が円滑になり、混乱が起きにくくなり、各開発者は作業を進めやすくなる。

 残念ながら、ロイス氏の提案は意図した通りには広まらなかった。同氏が描いたソフトウェア開発管理のビジョンは、アジャイル型開発に近いものだったと著者は考えている。一方で、同氏が示した「Cascading relay of responsibilities」(訳:連なった小さな滝のような責任の連鎖)の図は、偶然にも「ウオーターフォール」という名称を生むきっかけとなる。多くの人がそれを文字通りに受け取り、「厳格かつ段階的な開発プロセスを奨励するもの」と解釈した。

 後にロイス氏は、誤って広まったウオーターフォール型開発モデルのリスクについて警告しているが、結果的にそのまま普及することとなった。


 後編は、ウオーターフォール型開発の課題を解消するための3つのステップを紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...