「ウオーターフォール」が好きな企業、「アジャイル」に失敗する企業の特徴2大開発手法を比較【後編】

従来は「ウオーターフォール」型開発が主流だったシステム開発で、「アジャイル」型開発に移行する企業の動きが目立つ。しかし、移行は一筋縄ではいかない。

2024年03月20日 07時00分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

関連キーワード

アジャイル | 開発プロセス


 代表的なシステム開発手法として、上流工程から下流工程へと順番に開発を進める「ウオーターフォール」型開発と、小規模な変更を短期間のうちに繰り返す「アジャイル」型開発がある。

 従来、企業が採用する開発手法としてはウオーターフォール型が主流だったが、近年では“アジャイル移行”に目を向ける企業の動きが広がる。その背景や、移行で企業が直面する課題について解説する。

ウオーターフォールを好む企業、アジャイルに失敗する企業

 ウオーターフォール型開発は、次のような特徴を持つ開発チームやプロジェクトに適している。

  • 機能要件が明確に定義されている
  • 開発チームが10人以上のメンバーで構成されている
  • DevOps(開発と運用の融合)ツール群と、それを使いこなせる開発者がいる
  • 開発着手以降は、基本的にマイナーチェンジのみ対処する
  • 経営陣が開発チームを管理したいと考えている

 大企業、特に金融や製造業、政府機関におけるプロジェクトでは、ウオーターフォール型開発が好まれる傾向がある。事前に要件収集を実施することで、プロジェクトの予算計画やマイルストーン策定の正確性を高められるからだ。

 一方で近年、ビジネスにおける競争が激化して開発にスピードが求められる中で、柔軟に変更に対処できるアジャイルへの移行が目立つ。アジャイルの代表的なフレームワーク「スクラム」の適用を目指して、進行役「スクラムマスター」を雇う企業も存在する。

 スクラムマスターの目標は、企業にスクラムのメリットを認知させ、慣れ親しんだウオーターフォール型開発からの転換を促すことだ。しかし、このような変革は企業風土の変革なしに達成するのは難しい。スクラムを部分的に取り入れるだけの「スクラムもどき」に陥る企業も少なくない。

 例えば、事前計画や要件収集の段階では、クライアントの快適さを優先してウオーターフォールのやり方から抜け出せないというケースがよくある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。