2020年05月25日 08時00分 公開
特集/連載

OpenJDK 14ビルドの「Zulu」提供開始 Community版は無料幅広いプラットフォームに対応

Java SE 14仕様に完全準拠したOpenJDK 14ビルドの「Zulu」が一般公開された。Zuluを中心にJavaの動向の一部を紹介する。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 Javaランタイムソリューション企業Azul Systemsが、OpenJDK 14ビルドの「Zulu」の一般提供を発表した。

 OpenJDK 14ビルドのZulu(Zulu 14)は、OpenJDK 6以降の全てのZuluと同様、Java SE 14仕様に完全準拠する。Azul Systemsによると、Zulu 14は複数のOSに及ぶさまざまな種類のパッケージで利用可能で、ダウンロードは無償。

 全てのZulu 14 JDKとJREは、Java SE 14アプリケーションの適切な実行に必要なTCK認定テストで検証され、合格している。

 注目すべきは、OpenJDKの全ディストリビューションの中でZuluが最も幅広いバージョン、パッケージ種類、OS、プロセッササポートを提供している点だ。

 「Java SE 14仕様は、一連の魅力的な新機能と機能強化をOpenJDKプロジェクトにもたらす。Javaプラットフォームは、次世代Javaベースアプリケーションとインフラの要件を見越して急速に進化し続けている」(Azul Systemsの社長兼CEOスコット・セラー氏)

 同社によると、複数のオープンソースプロジェクトや企業がOpenJDK 6〜15EA(早期アクセス)のZuluを使ってJavaアプリケーションの作成、実行、テストを行っているという。

開発者向けお役立ち情報

 注目すべきJDK Enhancement Proposal(JEP:JDK機能拡張提案)には次のようなものがある。

  • JEP 361:switch式の拡張機能強化

JDK 12とJDK 13で初めてプレビューされた機能の標準化。

  • JEP 358:NullPointerExceptionに関する情報の改善

よく見つかる一連のプログラムエラーのデバッグとトラブルシューティングを適切に行えるようにする。

  • JEP 349:Flight Recorder向けイベントストリームAPI

実行中のJVMから直接受け取ったデータを分析するためにJava Mission Controlによって使用される。

 OpenJDKの無料Zuluコミュニティービルドは、Azul SystemsのWebサイトでダウンロード可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

news014.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news146.jpg

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...