5G対応物理キーボード搭載スマホ「Astro Slide 5G Transformer」「キーボードが必要だ」という人へ

物理キーボード付きスマホにこだわるPlanet Computersが、今度は5G対応の新端末を発表した。新機構のスライド式キーボードを搭載したAstro Slideの概要を紹介する。

2020年05月22日 08時00分 公開
[Adrian BridgwaterComputer Weekly]

 英Computer Weeklyは以前、「人間にはキーボードが必要だ」という理由によりPlanet Computers(以下、Planet)の「Gemini PDA」を検証した。

 PlanetがGemini PDAの後継としてリリースしたのは、ちょっと強力でやや大きめで、少し機能が増えた「Cosmo Communicator」(訳注:Computer Weekly日本語版 4月15日号参照)だった。

 そして2020年、次期端末「Astro Slide 5G Transformer」が登場した。Astro SlideはPlanet初のスライド式スマートフォンで、他社の最新機種と同様の大型タッチスクリーンディスプレイを備えている。

 この端末は5G対応で、バックライト付きの一体型物理キーボードを備えた「パームトップ」PCであると説明されている。キーボードは、同社が特許を有する「RockUp」というスライドヒンジメカニズムによって操作できるようになる。

 RockUpによって画面を水平にスライドさせるとキーボードが出現する。そのままヒンジに当たるまで水平移動させると、ヒンジ部を基点にして画面が斜めに起き上がってロックされる。

 画面は6.53型で傷が付きにくく、使用しないときはキーボードが背後に隠れる。

 チップセットは「MediaTek Dimensity 1000」。Planetによればこのチップセットのパフォーマンスは他の5Gチップセットの2倍で、消費電力も大幅に削減されるという。実行するアプリの数にかかわらず、Astro Slideのバッテリーは約12時間持続するという。つまり仕事でも遊びでも「1日中」使える。

各種スペック

 Astro SlideはWi-Fi 6とeSIMに対応する。48Mピクセルのアウトカメラとビデオ通話用のインカメラを搭載する。他に指紋センサー、決裁機能を含むNFC、nanoSIM×2、eSIM×1を備える。

 メインメモリは6GBで内蔵ストレージは128GB(microSDで拡張可能)。

 「これは当社初の5G対応端末だ。Astro SlideのRockUpはスマートフォンと強力なPC双方の機能を全て手のひらサイズに収め、使い慣れた1つのフォームファクターでタイピング、作成、アニメーション、通信、エンターテインメントを自由に楽しめるようにする」(PlanetのCEOジャンコ・ムリスクフロゲル氏)

 Astro Slideの小売価格は約799ポンド(約10万7000円)になる予定だ(訳注)。

訳注:日本円は翻訳時点での通貨レート換算値。実際の販売価格ではない。



ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。