2021年03月14日 09時30分 公開
特集/連載

「中古スマホ」爆売れの訳 10万円超え新品は“お金持ちの道楽”に?新型コロナによる影響もあるが……

中古スマートフォン市場が活況だ。新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる失業の増加が関係しているという見方もあるが、新型スマートフォンの機能と消費者ニーズとのギャップを原因として指摘する声もある。

[Mike Gleason,TechTarget]

 専門家によると、スマートフォンの中古市場が活性化している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)による経済悪化が、中古スマートフォン市場の活性化を招いた一因だ。ただし原因は他にもある。

 パンデミックで米国内のさまざまな企業が休業や廃業に追い込まれた。米議会調査局(CRS:Congressional Research Service)の調査によると、2020年12月の失業率はパンデミック前の同年2月(約3.5%)の2倍近くとなる約6.7%に上昇した。金融情報を提供するBankrateが実施した2020年12月の調査では、想定外の出費として1000ドルを支払う余裕があると回答した米国人は約39%だった。

 調査会社IDCによると、2020年は中古スマートフォンの世界出荷台数が約2億2540万台になり、前年の約2億650万台から約9.2%増加した。2024年までには3億5160万台に達すると同社は予想する。一方で同社の調べでは2020年のスマートフォン全出荷量は約12億9220万台で、前年の約13億7260万台から約5.9%減少した。「スマートフォンは中古で十分だ」と考える人が増えたと言える。

中古スマホが売れてしまう“新型コロナより深刻な理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。