2021年03月15日 05時00分 公開
特集/連載

「自動車アナリティクス」なぜ活況? 不況下の顧客第一主義シフトが契機に「自動車アナリティクス」の今【前編】

自動車業界にとって、自動車に関するさまざまなデータを分析する「自動車アナリティクス」はこれまでも欠かせないものだった。市場の変化や景気の低迷といった現状によって、その重要性はさらに高まっている。

[Joseph M. Carew,TechTarget]

 マーケティングから自動車保険に至るまで、データ分析はあらゆる面で自動車業界の発展に貢献してきた。そして今、自動車の製造や販売、使用の各プロセスで得られるデータを収集・分析する「自動車アナリティクス」(Automotive Analytics)は、業界の消費者理解を助けるものへと変わりつつある。

 自動車メーカーは、自社の分析能力強化と成熟度向上に取り組んでいる。市場の状況が変化し、競争が激化の一途をたどる中、自動車メーカーが利用可能なデータが急速に充実している。

製品中心から顧客中心への変化が生んだ「自動車アナリティクス」のニーズ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...