2021年07月21日 05時00分 公開
特集/連載

Porscheの“速さ”もPlayStationゲームの“安さ”も「Kafka」のおかげだった?製造業を支える「Kafka」活用法【後編】

連続的に発生し続けるデータを処理するミドルウェア「Kafka」のユーザー企業には、PorscheやSony Interactive Entertainmentといった著名企業もある。彼らはKafkaをどう活用し、競争力の向上を図っているのか。

[Sean Michael Kerner,TechTarget]

関連キーワード

Apache | アプリケーション開発 | データ


 自動車メーカーをはじめ、製造業で活用が進んでいるオープンソースのメッセージキュー/ストリーム(連続的に発生し続けるデータ)処理ミドルウェア「Apache Kafka」(以下、Kafka)。BMWの事例を紹介した前編「高級自動車メーカーBMWが『Kafka』で製造ラインの安定性を向上 その方法とは?」に続き、後編となる本稿は、Porsche(Dr. Ing. h.c. F. Porsche)とソニーの取り組みに焦点を当てる。

Porscheの「スピード」の秘訣は、実は「Kafka」だった?

 データ活用を支えるツールとしてKafkaを採用している自動車メーカーはBMWだけではない。PorscheもKafkaを使い、データ活用のスピードの向上を目指している。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...

news061.jpg

SDGsの認知率は8割超に――電通調査
ビジネス層を中心に語られるバズワードであった「SDGs」が、4年間で一般層まで認知を広げ...