2021年07月20日 05時00分 公開
特集/連載

常に無料のOCI「Always Free」の注意点と、Oracle“大盤振る舞い”の狙いはOracle Cloud Infrastructureの無料プラン「Always Free」とは【後編】

Oracleは「Oracle Cloud Infrastructure」をいつでも無料で利用できるサービス「Always Free」を充実させている。Always Freeを利用するときの注意点と、Oracleが無料プランの提供に積極的な理由を説明する。

[Chris Kanaracus,TechTarget]

 Oracleのクラウドサービス群「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)は、期間の制限なく無料で利用できるサービス「Always Free」のラインアップを徐々に充実させている。ユーザー企業や開発者はAlways Freeを使い、モバイルアプリケーションやイベント駆動型アプリケーション、データベースアプリケーションなどを構築できる。

 「Always Freeを利用することで、最新技術を活用したアプリケーションを無料で開発可能だ」と、OracleでOCI開発者サービス担当シニアバイスプレジデントを務めるダン・ゲリティ氏は語る。前編「常に無料のOCI『Always Free』の基礎 何が使える? AWS無料プランとの違いは?」に引き続き、Always Freeを利用するときの注意点と、Always Freeを提供する同社の狙いを説明する。

Always Freeの注意点と、Oracleが無料化に熱心な“あの狙い”

 Always Freeは利用可能なリソース(ストレージ容量など)や機能に制約を設けていることに加え、1つのOCIリージョン(データセンター)しか利用できない制限がある。企業の経営に関わる重要なアプリケーションに不可欠な、耐障害性やフェイルオーバー(予備システムへの切り替え)構成は実装できない。こうした仕組みを必要とするユーザー企業がAlways FreeでPoC(概念実証)を作成した後、有償サービスにアップグレードしてアプリケーションのスケールアップやスケールアウトを実施するようになることがOracleの狙いだ。

 ゲリティ氏によると、具体的なユーザー企業数は非公開だ。ただしAlways Freeの利用規模は2020年に大きく拡大したという。

無料利用プランを提供するベンダーはOracleだけではない

 2021年時点のOCIはOracleのIaaS(Infrastructure as a Service)の第2世代で、同社が提供するSaaS(Software as a Service)のインフラとしても利用されている。同社が「Oracle Cloud Infrastructure Classic」(OCI-C)と呼ぶ第1世代は、クラウド市場で大きなシェアを獲得することはできなかった。

 OCIもAWSやMicrosoft、Googleのクラウドサービスに後れを取っている。OracleはAlways Freeを通して主に開発者の人気を獲得し、クラウド市場でのシェア拡大につなげたい考えだ。

 当然ながら他のクラウドベンダーも無料利用プランを提供し、利用拡大を図っている。調査会社Constellation Researchのアナリストを務めるホルガー・ミューラー氏は「どんな大手ベンダーであっても、新しいサービスの採用を促進するには無料利用プランを提供する必要がある」と話す。「開発者が新しいサービスを試したり、ユーザー企業が試作したアプリケーションを評価したりするには何を提供すればよいのかを、ベンダーは検討する必要がある」(同氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...