AWS、Azure、GCPではなく「IBM Cloud」「Oracle Cloud」を選ぶべき理由と課題「ビッグスリー」以外のクラウドサービス4種類を比較【中編】

クラウドサービスを選定するときは、ビッグスリー以外のクラウドベンダーにも目を向ける価値はある。本稿は老舗ITベンダーのクラウドサービスである「IBM Cloud」と「Oracle Cloud」について詳しく説明する。

2020年04月09日 05時00分 公開
[Alan R. EarlsTechTarget]

 クラウドサービスを導入するときに、一般的に「ビッグスリー」と呼ばれる大手3社のサービスを思い浮かべるユーザー企業は少なくない。Amazon Web Services(AWS)の同名サービスやMicrosoftの「Microsoft Azure」、Googleの「Google Cloud Platform」(GCP)のことだ。ビッグスリー以外のベンダーも、さまざまな方法でクラウドサービスに取り組んでいる。こうしたベンダー各社の特徴は全く異なるため、同じ条件で比較するのは難しい。

 前編「『AWS』『Azure』『GCP』だけからクラウドサービスを選ぶべきではない理由」に続く本稿では、ビッグスリー以外のクラウドサービスの中から、IBMの「IBM Cloud」とOracleの「Oracle Cloud」の長所と短所、最新の動向を詳しく説明する。

IBM Cloud(IBM)

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...