2020年04月09日 05時00分 公開
特集/連載

AWS、Azure、GCPではなく「IBM Cloud」「Oracle Cloud」を選ぶべき理由と課題「ビッグスリー」以外のクラウドサービス4種類を比較【中編】

クラウドサービスを選定するときは、ビッグスリー以外のクラウドベンダーにも目を向ける価値はある。本稿は老舗ITベンダーのクラウドサービスである「IBM Cloud」と「Oracle Cloud」について詳しく説明する。

[Alan R. Earls,TechTarget]

 クラウドサービスを導入するときに、一般的に「ビッグスリー」と呼ばれる大手3社のサービスを思い浮かべるユーザー企業は少なくない。Amazon Web Services(AWS)の同名サービスやMicrosoftの「Microsoft Azure」、Googleの「Google Cloud Platform」(GCP)のことだ。ビッグスリー以外のベンダーも、さまざまな方法でクラウドサービスに取り組んでいる。こうしたベンダー各社の特徴は全く異なるため、同じ条件で比較するのは難しい。

 前編「『AWS』『Azure』『GCP』だけからクラウドサービスを選ぶべきではない理由」に続く本稿では、ビッグスリー以外のクラウドサービスの中から、IBMの「IBM Cloud」とOracleの「Oracle Cloud」の長所と短所、最新の動向を詳しく説明する。

IBM Cloud(IBM)

 ITコンサルティング会社のInformation Services Groupでリサーチアナリストを務めるペドロ・L・ビクドマスキオ氏によると、IBMのクラウドサービス「IBM Cloud」はVMware製品関連のクラウドサービスが充実しているため、顧客がパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて利用するハイブリッドクラウドや、複数のクラウドサービスを利用するマルチクラウドを導入しやすくなっているという。ユーザー企業はIBMの人工知能(AI)エンジン「IBM Watson」やIoT(モノのインターネット)データ処理基盤「IBM Edge Application Manager」などの同社製製品・サービスを、他社のクラウドサービスと接続して利用することも可能だ。「IBMの強みは、人材とグローバルな存在感、包括的なポートフォリオ、そしてWatsonだ」とビクドマスキオ氏は述べる。

 IBMは世界中でリージョン(地域ごとのデータセンター群)を追加し続けており、コンテナやマイクロサービスの開発機能も継続的に拡大している。「Encryption Everywhere」(あらゆる場所での暗号化)という特徴を備える同社のメインフレーム「IBM z15」と連携させたハイブリッドクラウドを構築できるため、クラウドに否定的なユーザー企業を説得して、重要なワークロード(アプリケーション)をクラウドに移行できる可能性がある。金融や製造など複数の業界の大手企業と、長年にわたって関係を築いてきた強みもある。

 若い開発者を引き付ける必要があることが、IBMにとっての課題だ。より競争力のある価格を提供することも求められる。「IBMはAI技術やIoTなどの分野に取り組んでいても、若い開発者には『古い』と思われる傾向がある。一方で若い開発者は、比較的歴史の浅いAWSやGCPを『新しい』と感じている」とビクドマスキオ氏は話す。

 IBMは2019年に、Linuxディストリビューションを提供するRed Hatを買収した。ビクドマスキオ氏は「Red HatはIBMに新規性をもたらし、IBM Cloudを勢いづける可能性がある」と話す。

Oracle Cloud(Oracle)

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...