2019年01月31日 05時00分 公開
特集/連載

AWSやMicrosoft Azureにクラウドで対抗するOracleの秘策 顧客が望む結末は?Oracle Databaseが勝敗の決め手

Oracleは顧客を「Oracle Cloud」へ移行させるための取り組みに、自社のデータベース製品を活用している。その戦略が成功する可能性はあるのか。

[Craig Guarente,TechTarget]
画像

 Oracleの最近のクラウド戦略は困難な状況にある。製品開発部門のトーマス・クリアン氏がGoogleのクラウド部門の責任者として移籍、さらにIaaS(Infrastructure as a service)製品「Oracle Cloud」の成熟度に関してはネガティブな意見も出ている。こうした状況において、OracleがパブリッククラウドベンダーとしてAmazon Web Services(AWS)やMicrosoftに並ぶことは難しい、といった意見が聞かれる。

 しかしこの見方をそのまま受け入れてはならない。Oracleがパブリッククラウドベンダーとして一流になる力に疑いはなく、ベンダー間の「クラウド戦争」に勝利したとしても驚くことはない。Oracleの前CEO(最高経営責任者)で現CTO(最高技術責任者)のラリー・エリソン氏が、2008年に「クラウド」という考え方をからかったことに始まり、Oracleはこれまでクラウドに関して困難な戦いを続けてきた。とはいえ、成功する可能性がある独自のクラウド戦略をOracleは掲げている。

 サーバ、ネットワーク、セキュリティ、可用性といったクラウドの特性において、Oracleがパブリッククラウドベンダーの中で際立って最高水準にあるとはいえない。Oracleのハードウェアは汎用(はんよう)品をベースにしており、ネットワーク機能は他のパブリッククラウドベンダーが提供するものと同等レベルだ。可用性とセキュリティ機能においてはOracleもOracle以外のパブリッククラウドベンダーも等しく高水準だ。

 Oracleのクラウド戦略の狙いを理解するには、Oracleが得意とする分野を理解する必要がある。Oracleが最も得意とするのはデータベース製品で、それが事業の根幹にある。Oracleがクラウド戦争に勝利するための武器は、まさにそのデータベースにある。

Oracleが勝負に自信を持つ理由

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...