NEWS
マネーツリー、金融機関向けデータ分析ツールを提供開始 顧客の金融行動を可視化
マネーツリーは金融機関向けに顧客の口座数や資産分布などを可視化するデータ分析ツールの提供を開始した。金融状況やトレンドを視覚的に把握し、顧客体験の向上などに生かす。(2021/4/20)

データウェアハウスとデータマートの違いを比較【前編】
いまさら聞けない「データウェアハウス」の基礎 何ができるのか?
データ活用の要となるシステムが「データウェアハウス」だ。どのような役割やメリットを持つのか。データウェアハウスの基本的な特徴を整理する。(2021/4/13)

システムのクラウド移行に伴う不安を一掃
大規模な仮想サーバインフラとミッションクリティカルDBのクラウド化の現実解
企業のクラウド利用が当たり前となった今でも、既存システムのクラウド化にはまだ課題が多く残っている。特に業務で使用しているミッションクリティカルなシステムの移行では、どうすれば課題を解決し、クラウド化を実現できるのだろうか。(2021/4/12)

NEWS
生産現場の見える化で異常をすぐ検知、オムロン阿蘇が生産データ分析を自動化
オムロン阿蘇は日本オラクルのデータ活用技術を駆使し、生産データ分析システムを構築した。分析の自動化で人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働を目指す。在宅でも現場状況の把握を可能にした。(2021/4/7)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【前編】
SAPやSalesforceは「新型コロナワクチン接種」証明システムをどう実現するのか
人事部門は、従業員が新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種した実績をデジタル証明書として確認する方法を求めている。ベンダー各社もこうしたニーズに応えるために、製品開発を急いでいる。その現状は。(2021/4/7)

「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」を比較【後編】
「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」の決定的な違いとは?
「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」は、それぞれ扱うのに向いているデータや適切な用途が異なる。両者の主な違いや活用例、選び方のヒントを紹介する。(2021/4/7)

プログラミングを変えた「Java」の歴史【後編】
「Java」を“偉大な言語”にした3つの画期的要素
「Java」の進化はアプリケーション開発に大きな影響を与えてきた。Javaの企業向け仕様群「Java EE」の豊富な要素のうち、特に画期的だった3つの要素を振り返る。(2021/4/4)

「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」を比較【前編】
いまさら聞けない「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」の基礎
代表的なデータベースである「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」。それぞれの仕組みや取り扱うデータ構造を説明する。(2021/3/31)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【前編】
AWSのCloudEndure Disaster RecoveryとAzure Site Recoveryの用途、構造の違い
代表的なDRaaSであるAWSの「CloudEndure Disaster Recovery」とMicrosoftの「Azure Site Recovery」。両者は何が違うのか。用途とアーキテクチャの観点から比較する。(2021/3/26)

企業が抱えがちなデータマネジメントの課題:
バックアップからDXを加速? 「データ活用を進めるためのバックアップ」とは
新しい取り組みを進める上で課題になる「複雑化するIT環境」に、企業はどのように対処すべきなのか。ネット通販大手企業の事例を基にその方法を探る。(2021/3/25)

米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【前編】
空港職員にマスクや消毒剤を安定供給 「BI」でやってみたら意外と簡単だった
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、企業はマスクや消毒剤などの供給を監視し、従業員の安全を可能な限り確保する必要がある。そのためのシステムを、BIツールを使って構築したのがTSAだ。その取り組みとは。(2021/3/23)

クラウドが変える学位と資格の評価【第4回】
エンジニアがあえて大学で学びたくなる「学位取得」だけではないメリット
大学でなければ得られないスキルを求めるのでなければ、エンジニアが学位を取得する必要性はあまりない。ただし学位取得以外にも、大学でなければ得られないメリットが幾つかある。それは何か。(2021/3/23)

大規模なデータ処理も高速化
「MySQL」をクラウド化――DBの性能向上とコスト削減を実現するヒント
「MySQL」をクラウドサービスで運用する際には、コストの上昇やデータ分析処理のパフォーマンス低下などが課題になりがちだ。データベースをクラウドサービスで運用する際の最適解とは。(2021/3/18)

製品名が長い
SAPがアプリ開発環境を強化 ローコード/ノーコードも可能
SAPが同社プラットフォーム用開発環境の拡充を発表した。ローコード/ノーコード開発もサポートし、開発の効率が向上するという。(2021/3/16)

構造化データも非構造化データも
あらゆるデータを一元的に分析できる「オープンデータレイク分析」
何の前処理も行っていないデータレイクから必要なデータだけを取り出してデータウェアハウスにインポートして……と、データ分析には手間が掛かる。オープンデータレイク分析は煩雑な部分をまとめて処理する。(2021/3/12)

幻の「Oracle Database 20c」向け機能を搭載
JavaScriptの実行やOptaneの利用が可能に 「Oracle Database 21c」の注目機能
「Oracle Database」の新バージョン「Oracle Database 21c」はさまざまな新機能を搭載している。その中から確認しておきたい新機能を紹介しよう。(2021/3/9)

セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【後編】
「シェルスクリプト」「SQL」をセキュリティ担当者が学ぶ意味と学習方法
セキュリティ担当者がコーディングを学ぶことは業務にさまざまなメリットをもたらす。本稿は「シェルスクリプト」「SQL」を学ぶ利点と学習方法を説明する。(2021/3/6)

ハイパフォーマンス(Oracle談)
世界で最も人気のデータベース「MySQL」ベースの分析サービス登場
MySQLとMySQL Analytics Engineを統合し、単一プラットフォームでOLTPとOLAPのワークロードを実行できるサービスが登場した。DWHを使わずにデータの分析が可能になるという。(2021/3/5)

AWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【後編】
AWSではなく「Azure」「GCP」「IBM Cloud」「OCI」を選びたくなる強みとは?
代表的なクラウドサービスが「Amazon Web Services」(AWS)であることは明確だが、AWSのみがクラウドサービスではない。独自の強みをアピールする、他の主要ベンダー各社が提供するクラウドサービスの特徴とは。(2021/3/5)

AaaSからXaaSまで
「as a Service」主要43種の一覧 あなたは幾つ知っている?
クラウドサービスの普及と共に、多様化が進んだ「as a Service」。具体的にはどのようなサービスがあるのか。主要なas a Serviceをアルファベット順に紹介する。(2021/4/1)

無料版もあり
Kubernetes用管理製品Robin.ioが実現する永続ストレージ
コンテナの課題の一つが永続ストレージだ。これを実現する方法は幾つかあるが、今回は無料版もあるRobin.ioに着目した。Robin.ioによって何が実現するのだろうか。(2021/2/24)

TechTarget発 世界のITニュース
「Oracle APEX」ベースのノーコード/ローコード開発クラウド、Oracleが提供
「Oracle Database」の標準機能として、ノーコード/ローコード開発機能「Oracle APEX」を提供しているOracle。このOracle APEXをクラウドサービスとして提供するのが「Oracle APEX Application Development」だ。(2021/2/18)

「クラウド管理者」必修スキル【中編】
クラウド管理者なら身に付けたい、仮想化、コンテナ、データ/コスト管理スキル
クラウド管理者に求められる基本スキルはさまざまだ。その中から「仮想化」「コンテナ」「データ管理」「コスト管理」に関するスキルを説明する。(2021/2/16)

「3D XPoint」を巡るIntelとMicronの争い【後編】
Intel「3D XPoint」に反転攻勢のMicron 相互接続プロトコル「CXL」が鍵に
Micron Technologyに先んじて、Intelが新メモリ技術「3D XPoint」ベースのメモリモジュールを市場投入した。今後の注目はMicron Technologyの出方だ。どのような公算があるのか。(2021/2/16)

「AWS」が支えたコロナ禍の人工呼吸器生産【前編】
「AWS」導入の医療機器メーカー 人工呼吸器を1日6台から750台へ大増産できた訳
人工呼吸器メーカーのVyaire Medicalは、自社のデータを一元管理するシステムを「AWS」で構築した。新型コロナウイルス感染症によって人工呼吸器の需要が急増したときに、このシステムはどう役に立ったのか。(2021/2/12)

「AWS Certification」の受かり方【前編】
いまさら聞けないAWS資格「AWS Certification」の基礎 4カテゴリーの違いは
AWSの認定資格「AWS Certification」は、AWSに関するスキルや知識を客観的に証明する有力な手段だ。全部で4カテゴリー、12種類あるAWS Certification資格の違いを説明する。(2021/2/11)

ポストcookie時代のマーケティング戦略【後編】
個人情報不要の「コンテキストターゲティング」はデジタル広告を変えるか
サードパーティーcookieの利用が制限されたら、どのようにして広告をパーソナライズすればいいのか。主要な5つの代替策のうち3つを紹介する。(2021/2/1)

医療ITニュースフラッシュ
医師に聞く、「オンライン診療」をやめざるを得ない“切実な理由”
顔認証を使った病棟への入室管理システムの導入事例やオンライン診療システムの新製品など、医療機関のIT活用に関する主要なニュースを紹介する。(2021/1/31)

TechTarget発 世界のITニュース
Internalがノーコード/ローコード開発ツールの新版 オンプレミスで動作可能に
スタートアップのInternalが、ノーコード/ローコード開発ツールの機能を強化した。最新版はドラッグ&ドロップでの開発やオンプレミスのインフラでの稼働を可能にしたという。そもそもどのようなツールなのか。(2021/1/29)

クラウドニュースフラッシュ
任天堂はなぜ「Nintendo Switch Online」のインフラに「AWS」を選んだのか
「AWS」でオンラインサービスを運用する任天堂の事例、通販システムをプライベートクラウドから「Oracle Cloud Infrastructure」に移行させたスクロールの事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/1/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
IKEAとコニカミノルタ系が「PostgreSQL」に移った理由
オンプレミスのDBMSからオープンソースの「PostgreSQL」に乗り換えた企業にIKEAとKonica Minolta Healthcare Americasがある。なぜPostgreSQLなのか。両社に選定理由や活用術を聞いた。(2021/1/28)

AWS、Azure、GCPのDRaaS【後編】
「GCP」「IBM Cloud」「Oracle Cloud Infrastructure」で使えるDRの手段とは?
主要クラウドベンダーはシステムの災害対策(DR)を可能にするために、DRaaSをはじめとするDR関連サービスやDRに関するドキュメントを提供している。GoogleとIBM、Oracleが用意するDR支援策を説明する。(2021/1/27)

AI時代のストレージを支える技術【中編】
NVIDIA「GPUDirect Storage」にIntel「Optane」――CPUを補う高速化技術
大容量データを扱う用途が広がってきたことで、コンピューティングの主役だったCPUだけでは対処できなくなりつつある。どのような新たな技術が役立つのか。GPUやメモリの観点で注目すべき点は。(2021/1/20)

顧客の近い場所に“データ主権”を保持
NTT西日本に学ぶDB刷新、“クラウドの利便性”と“安定・安全”を両立する秘訣
機密データを地方自治体など顧客の“手が届く範囲”に置けるクラウドサービスを展開するNTT西日本。その提供に当たり課題となったのが、クラウドの利便性と安定性/安全性をどう両立するかという点だ。そこで選ばれた、新たなDB基盤とは?(2021/1/26)

コストも人手もかけたくない企業に向けて
開発現場で起こりがちなデータベースにまつわる「5つの問題」とその解法
企業のデジタルトランスフォーメーションの取り組みは年々活発化し、システム開発需要も高まりを見せる。システムの要となるのがデータベースだが、開発現場で起こりがちな5つの問題があるという。その解決方法とはどのようなものか。(2021/1/19)

「脱クラウド」戦略の基本【前編】
「脱クラウド」戦略をクラウド使用前から考えるべき理由
クラウドサービスを利用する際は、「脱クラウド」に向けた出口戦略も併せて検討しておくことが重要だと専門家は主張する。それはなぜなのか。(2021/1/15)

高速化で実現した働き方改革やDX推進の基盤
4億件のデータ結合/検索を3倍高速化、“安定して高性能”なデータ活用基盤とは
顧客情報を扱う情報系データベースに投資を続けてきたジャックスは、データ増加と利用者数拡大に伴い性能改善に限界を迎えていた。さらに処理数3倍化を計画する同社が選んだのは、安定性と高性能を両立したデータ基盤。その実力とは?(2021/1/25)

データプライバシー管理に「AI」を生かす【第3回】
AI×データプライバシーの主な用途「データ特定」「フェデレーテッドラーニング」とは?
データプロフェッショナルの労力削減につながるAIデータプライバシーツールは、多くの点で企業に恩恵をもたらす。本稿ではこの技術の用途について解説する。(2021/1/14)

統合ストレージへの道【後編】
ファイル/オブジェクトストレージ統合の可能性
ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合するメリットはあるのか。統合による影響とは何か。(2021/1/14)

既存のセキュリティ対策だけでは足りない
「安全だけど使いにくいWebサイト」を作らないための新発想のセキュリティ対策
EC事業者などWebサイトをビジネスの核とする企業は、Webサイトのセキュリティを強化しつつも利便性は犠牲にできない。両者のバランスを保ちながら巧妙化するサイバー攻撃に対処するには、何に注目してセキュリティ対策を講じるべきなのか。(2021/1/8)

AI時代のストレージを支える技術【前編】
DPU、FPGA、ASICにコンピュテーショナルストレージ AIが求める中核技術の基礎
高度化するAI技術やデータ分析の要件を満たすには、コンピューティングとストレージの双方に変化が必要だ。まずCPUに集中しがちなデータ処理の負荷をいかに分散させるかという観点で、注目すべき技術を考える。(2021/1/5)

クラウドニュースフラッシュ
注文は最大秒間58.3万件 「独身の日」を耐えたAlibabaのクラウドとは?
「アプリケーションPaaS」の国内市場動向やECサイトでのクラウドサービス事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2020/12/28)

Windows 10時代のレジストリクリーニング【前編】
「“遅いWindows 10”をレジストリ掃除で解消」は危険なだけで無駄だった?
「Windows」のレジストリ編集は危険を伴うが、うまくクリーニングできれば遅くなったPCの動作を改善できる――。こうした考え方は、現在では必ずしも正しいとは言えないという。どういうことなのか。(2020/12/29)

TechTarget発 世界のITニュース
ServiceNow、AIスタートアップElement AIを買収 「Now Platform」を強化
ServiceNowがカナダに拠点を置くAIスタートアップElement AIを買収する。ServiceNowは買収を通じて、PaaS「Now Platform」の機能強化を図る。(2020/12/25)

TechTarget発 世界のITニュース
クラウドDBMS「Oracle MySQL Database Service」に新機能 分析エンジンを搭載
OracleはDBMSのクラウドサービス「Oracle MySQL Database Service」に新機能として分析エンジンを搭載した。OLAP用途からデータ分析用途へのニーズの拡大に応える。(2020/12/24)

「NewSQL」とは何か【後編】
「Cloud Spanner」「CockroachDB」「NuoDB」「VoltDB」とは NewSQLの4大製品
RDBMSとNoSQLのメリットを一つのDBMSに備える目的で登場したのが「NewSQL」だ。NewSQLの主要製品「Cloud Spanner」「CockroachDB」「NuoDB」「VoltDB」を取り上げる。(2020/12/23)

ExcelとPower BIの連携強化で何が変わるのか【後編】
ExcelとPower BIの連携強化で“脱Excel”は不要に?
「Power BI」との連携強化により「Microsoft Excel」には「データ型」を新規に作成できる機能が加わった。データ活用に役立つ機能の拡充により、Excelの活用の場はさらに広がった。これは歓迎すべき動きなのか。(2020/12/21)

TechTarget発 世界のITニュース
Next Pathway、オンプレミスDWHのクラウド移行を支援する「Crawler360」を発表
Next Pathwayは新たなツール「Crawler360」を発表した。「Netezza」「Teradata」などのオンプレミスのDWHやデータレイクからクラウドサービスへ移行する際の影響やコストなどを把握しやすくする。(2020/12/17)

GCPとAWSで確認するIaaS移行のポイント【第3回】
「GCP」から「AWS」への移行に失敗しない代替サービスの選び方
「Google Cloud Platform」(GCP)の多様なサービスで構築したアプリケーションを「Amazon Web Services」(AWS)に移行するには、代替となるAWSサービスをどう選べばよいのか。両者の違いを踏まえて説明する。(2020/12/16)

「NewSQL」とは何か【中編】
「NoSQL」が存在する理由と、無視できない“欠点”とは?
RDBMSではないDBMS「NoSQL」は、高いスケーラビリティが特徴だ。NoSQLの基本的な仕組みと、NoSQLが抱える課題を解説する。(2020/12/16)