2021年03月05日 05時00分 公開
特集/連載

AWSではなく「Azure」「GCP」「IBM Cloud」「OCI」を選びたくなる強みとは?AWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【後編】

代表的なクラウドサービスが「Amazon Web Services」(AWS)であることは明確だが、AWSのみがクラウドサービスではない。独自の強みをアピールする、他の主要ベンダー各社が提供するクラウドサービスの特徴とは。

[Kurt Marko,TechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft、Google、IBM、Oracleといった主要ベンダーはそれぞれ異なる強みを持つクラウドサービスを提供している。ユーザー企業が自社に合ったクラウドサービスを選択するためには、各クラウドサービスの特徴を知ることが重要だ。AWSの戦略を紹介した前編「AWSがついに『ハイブリッドクラウド』に本腰か “クラウド王者”の戦略は」に続く本記事は、MicrosoftとGoogle、Oracle、IBMが提供するクラウドサービスの特徴を説明する。

Microsoft Azure

 MicrosoftはAWSに次ぐ大手クラウドベンダーだ。Microsoftは豊富なコンピューティングリソースとSaaS(Software as a Service)事業の収益を基に、クラウドサービス群「Microsoft Azure」とそのインフラを拡大させ続けている。

Azureの強みとは

 「Windows」中心のインフラをクラウドサービスに拡張したい企業、特にサブスクリプション形式のオフィススイート「Microsoft 365」(「Office 365」)を利用している企業にとって、Azureは理想的な手段となる。AzureはMicrosoftのディレクトリサーバ「Active Directory」やBI(ビジネスインテリジェンス)ツールの「Power BI」、システム開発ツール「Visual Studio」などのMicrosoft製品/サービスと緊密に連携できる。システム復旧サービス「Azure Site Recovery」も利用可能だ。同社は使い慣れたWindowsの技術やユーザーインタフェース(UI)を使ってハイブリッドクラウド(オンプレミスのインフラやクラウドサービスを組み合わせたインフラ)を構築したい企業に、それを可能にするクラウドサービス群としてAzureを提供している。

 AzureはEコマース(電子商取引)企業を含む小売企業の間で人気がある。こうした企業がAzureを使う理由の一つは、自社のインフラや業務アプリケーションを、競合会社に当たるAmazon.com傘下のAWSが提供するクラウドサービスでホスティングすることに抵抗があることだ。

Google Cloud Platform

 クラウドサービスやハイパースケールインフラの分野で、Googleは深い専門知識を持つ。同社のクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)はクラウドサービスの種類の多さではAWSやAzureにかなわないものの、基本的なクラウドサービスは網羅しており、以下のような特筆すべき利点がある。

  • 「Google Kubernetes Engine」(GKE)や「Cloud Run」などの豊富なコンテナオーケストレーションツール
  • シンプルな料金モデルで、継続利用割引は自動で適用
  • 「BigQuery」「Dataproc」「Dataflow」など拡張性に配慮したデータ分析サービス

 Googleはハイブリッドクラウド構築用製品・サービス群「Anthos」といった新技術の開発に加えて、Cisco SystemsやVMwareとの提携、法人顧客に向けた営業といった取り組みを通じてGCPの事業を拡大させている。ハイブリッドクラウドを構築する組織にとって、GCPは有望なクラウドサービス群だ。GCPはコンテナオーケストレーションやイベント駆動型コード実行など、クラウドネイティブのアプリケーション構築に役立つ技術に強みを持つ。

IBM CloudとOracle Cloud Infrastructure

 IBMは2013年にIaaS(Infrastructure as a Service)ベンダーのSoftLayerを買収し、クラウドサービス市場に本格参入した。2019年には仮想化ベンダーのRed Hatを買収し、Red Hatが開発したコンテナオーケストレーションツール「OpenShift」をハイブリッドクラウド実現の中核手段に位置付けることで、インフラの最新化に取り組んでいる。IBMのクラウドサービス群「IBM Cloud」は、レガシーアプリケーション、特にメモリ消費の多いデータベース管理システムをクラウドサービスに移行させるときに有望な選択肢になる。

 Oracleの「Oracle Cloud Infrastructure」は、Oracle製品で構築した業務アプリケーションをクラウドサービスに移行させるための有望な選択肢となる。同社が提供する自律型データベース(チューニングや運用を自動化したデータベース管理システム)やデータウェアハウス、トランザクション処理のクラウドサービスは、複雑なシステムの管理を自動化し、IT担当者の負担を軽減できる。具体的にはデータベース管理システムへのパッチ適用やシステム停止からの復旧、バックアップの構成、設定値の複製・調整などを自動化でき、同社の人工知能(AI)監視技術を使った問題解決も可能にする。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...