2021年02月22日 05時00分 公開
特集/連載

AWSがついに「ハイブリッドクラウド」に本腰か “クラウド王者”の戦略はAWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【前編】

クラウドサービス市場をけん引するAWSは、自社のクラウドサービスや事業をどう強化し、どう拡大させようとしているのか。同社のクラウド戦略と、ユーザー企業がAWSを利用するときの課題を整理する。

[Kurt Marko,TechTarget]

 クラウドベンダーはユーザー企業のニーズに応えるために、あらゆる機能をクラウドサービスとして提供しようとしている。3大クラウドベンダーのAmazon Web Services(AWS)とMicrosoft、Googleは似たようなクラウドサービスを提供する一方で、それぞれに得意分野と不得意分野がある。OracleやIBMなど他のベンダーは、ターゲットを絞ったより専門的なクラウドサービスを提供している。

 本記事はAWSの戦略と、同社がクラウドサービス市場で持つ強みと課題を検証する。

AWSの戦略

 最大手クラウドベンダーのAWSは、170個以上のクラウドサービスを提供する。クラウドサービスの種類が豊富で、料金プランが複雑だ。

 2020年にAWSが開催した年次イベント「re:Invent 2020」の基調講演で最高経営責任者(CEO)のアンディ・ジャシー氏は「AWSが創出しているのは『顧客のための』製品だ」と強調した。AWSのクラウドサービスはさまざまな企業が利用できる。ただし自社にとって最適なクラウドサービスと料金プランを選ぶには詳しい調査が必要で、労力がかかる。

 AWSは従来レガシーシステムやオンプレミスのインフラをクラウドサービスで補うハイブリッドクラウドに対して、MicrosoftやGoogleと比べて消極的な姿勢を取っていた。AWSはVMwareとの提携を通じてこの“欠点”を是正し、AWSをオンプレミスのインフラで実行するアプライアンス「AWS Outposts」の内容を充実させつつある。ユーザー企業がAWSを使ってハイブリッドクラウドを実現したい場合は、AWS Outpostsや「VMware Cloud for AWS」を利用できる。VMware Cloud for AWSはVMwareの仮想化製品をAWSで実行するためのサービスだ。

 2021年もAWSはハイブリッドクラウド戦略をさらに拡大させる。ユーザー企業はAWSのコンテナオーケストレーションサービスである「Amazon Elastic Container Service」(Amazon ECS)や「Amazon Elastic Kubernetes Service」(Amazon EKS)と同等のシステムを、オンプレミスのインフラで稼働させてクラウドサービスとして利用できるようになる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。