2021年02月23日 05時00分 公開
特集/連載

クラウド認定資格を取ればコンピュータサイエンス学位は不要なのか?クラウドが変える学位と資格の評価【第1回】

クラウドサービスの導入が急速に進むとともに、コンピュータサイエンスの学位と、ベンダーや資格団体が認定する認定資格の評価が変化しつつある。その理由とは。

[George Lawton,TechTarget]

 IT分野には「キャリアを成功させるには、コンピュータサイエンスの学位が必要か、認定資格があれば十分か」という論争がある。コンピュータサイエンスの学位はこれまで、意欲的なシステム開発者にとって重要な資格だった。今は必ずしもそうではない。IT人材市場で雇用主の間では、クラウドベンダーや資格団体が提供する認定資格の評価が上がっているのだ。クラウドサービスの普及が、こうした変化に拍車を掛けている。

時代に合わなくなったコンピュータサイエンス学位だが……

 クラウドサービスは、ソフトウェアとハードウェアを抽象化し、機能ごとに個別のサービスとして利用できるようにすることで、システムの全ての側面を理解する必要性を減らしている。そのため従来のコンピュータサイエンスのカリキュラムは、ユーザー企業のITの利用状況と合わなくなりつつある。

 「コンピュータサイエンスの学位を取得すれば、技術全体を広く理解できるようになる。一方で認定資格を取得すれば、選んだ分野で専門性を高められる」と、ITサポートを手掛けるGuardian Computerに勤務するチャールズ・アンドルーズ氏は語る。アンドルーズ氏はInternational Information Systems Security Certification Consortiumが認定する情報セキュリティ資格CISSP(Certified Information Systems Security Professional)を持つ。

 コンピュータサイエンスの学位か一連の認定資格を持っていれば、職を見つけるのに十分だ。両者の組み合わせにはもっと価値がある。学位は自身のコンピュータサイエンスに関する幅広い知識を持つことの証明になる。さらに認定資格の取得を目指すことでIT担当者は学習を続け、前に進むことができる。


 IT担当者のキャリア形成において、コンピュータサイエンスの学位と認定資格にはいずれも一長一短がある。次回からはコンピュータサイエンスの学位取得と認定資格の取得について、それぞれのメリットとデメリットを確認する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。