2021年02月24日 05時00分 公開
特集/連載

「Box」と「Dropbox」を比較 2大ファイル共有サービスは何が違う?「クラウドファイル共有」7選【第2回】

「Box」と「Dropbox」は、いずれも広く利用されているクラウドファイル共有だ。多彩な機能を提供する両サービスだが、どちらかを選択する際にはどのような点を考慮すればいいのか。違いを具体的に見てみよう。

[Dan SullivanTechTarget]

 クラウドサービス形式のファイル共有ツール(以下、クラウドファイル共有)のうち、主要なサービス7種を紹介する本連載。前編「AWSとオンプレミス間でファイルを同期できる『AWS Storage Gateway』とは」に続く本稿は、残る6サービスのうち2種を紹介する。

Box

 「Box」はコラボレーションの促進やワークフローの簡略化、セキュリティ強化に重点を置くクラウドファイル共有だ。Boxは、企業向けの基本的な機能を提供する「Business」、より高度な機能を提供する「Enterprise」など複数のプランがある。

 BoxのBusinessは、下記のような基本機能を提供する。

  • 容量無制限のストレージ
  • オフィススイートの「Office 365」「Google Workspace」との連携機能
  • 管理コンソール
  • データ損失防止(DLP)
  • 自社ブランドに合わせたアカウントのカスタマイズ

 「Business Plus」はBusinessの機能に加え、エンドユーザーのアクセス制御やファイルの共同編集、共有などにおいて、より高度な機能を提供する。

 Enterpriseは、BusinessとBusiness Plusの機能に加え、下記のような機能を利用できる。

  • 電子署名・契約サービス「DocuSign」やクラウド型のCRM(顧客管理)ツール「Salesforce」など、外部SaaS(Software as a Service)との連携機能
  • 「HIPAA」(米国医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令)や「FedRAMP」(米国政府によるクラウドセキュリティ基準)など、各種ガイドラインへの準拠
  • 二要素認証
  • ドキュメントの電子透かし(ウオーターマーキング)
  • パスワードポリシーの設定
  • Boxにアクセスするデバイスの健全性をチェックする「Device Trust」

Dropbox

 「Dropbox」もクラウドファイル共有としてさまざまな機能を提供する。下記のような特徴がある。

  • 「Google Docs」(Googleドキュメント)やタスク管理ツール「Trello」など、さまざまな種類のドキュメントツールと連携可能
  • ビジネスチャットツール「Slack」を使ったファイル共有やエンドユーザー間のメッセージのやりとりが可能
  • DropboxのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を使って他のアプリケーションからDropboxにファイルをアップロードしたり、ファイルの共有リンクを取得したりすることが可能

 企業向けのクラウドファイル共有としてDropboxが提供するのが「Dropbox Business」だ。Dropbox Businessは、データを分散させて保存するアーキテクチャによって、スケーラビリティ(拡張性)と信頼性を実現している。

 Dropboxは、ファイルを「ブロック」(ある一定の長さのデータ)に分割してから各ブロックを暗号化し、分散させて保管する仕組みとして「ブロックサーバ」という機能を採用している。ブロックサーバは、保管するファイルのうち変更があったブロックのみを転送することで、ファイル同期を効率化している。ブロックサーバによって分割されたデータは、Dropboxの「ブロックストレージサーバ」に保管される。ブロックストレージサーバからデータを取得する際は、ハッシュ値(元のデータから一定の計算によって求められる値)を参照する。

 こうした仕組みを採用したストレージシステムを、Dropboxは「Magic Pocket」と呼んでいる。Magic Pocketは、データの保存先として自社データセンターとAmazon Web Servicesのデータセンターを利用しており、地理的に離れた場所にブロックのコピーを保存することでデータの冗長性を確保する仕組みになっている。

 効率的かつ信頼性の高いファイル管理に欠かせないのが、メタデータ(データの属性を表すデータ)管理だ。Dropboxは1時間ごとの増分バックアップと3日に1回の完全バックアップを実施している。メタデータは、米国にあるDropbox自身が管理するサーバに保存される。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...