2019年01月22日 05時00分 公開
特集/連載

「LinuxとWindowsの違い」だけではないいまさら聞けないファイルシステム 「NFS」と「CIFS/SMB」の違い

NFSとCIFS/SMBとはどのような違いがあるのだろう。NFSとCIFS/SMBをどのように使い分けるかを説明できるだろうか?

[Carol Sliwa, Marc Staimer,TechTarget]
画像 仕組みを説明できる?

 「Network File System」(NFS)と「Common Internet File System」(CIFS)/「Server Message Block」(SMB)は、サーバなどのリモートコンピューティングデバイスに保存されたファイルを、クライアントシステムに表示し、アクセスできるよう設計されたプロトコルだ。CIFSは、SMBプロトコルのバリエーションの1つだが、現状のストレージシステムの大半はSMBプロトコルを使用している。

 Microsoftは「Server Message Block Version 1.0」(SMB1)を「Windows 2000」で導入して以降、CIFSという用語を使わなくなった。同社はCIFSとSMB1の間ではほとんど変更を加えておらず、同じ種類を示すID「Windows NT LAN Manager 0.12」(NTLM 0.12)を使っている。

 「SMB Version 2」(SMB2)は、MicrosoftがSMBの概念を基礎に開発した新しいファイル共有プロトコルだ。以降の更新はこのSMB2を基に構築している。CIFSは「SMBの1つの実装方式」として残っているが、現在のストレージシステムでCIFSが使用されることはほとんどない。

 代表的な例を考えてみる。クライアントベースのアプリケーションやシステムが、ファイルにアクセスするためにサーバに要求する。あるいは、サーバで実行されているプログラムにメッセージを渡すためにサーバに要求する。要求された操作をファイルサーバが受け取り、応答を返す。そうすると、ユーザーはリモートコンピューティングデバイスやストレージデバイス上のファイルを、それが自分のPC上にあるかのように表示、保存、更新できるようになる。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。