2017年10月06日 05時00分 公開
特集/連載

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第13回】Windows Server 2016の新機能をチェックする──ファイル共有プロトコルSMB編

Windows Server 2016の改良点の1つに新しいSMB 3.1.1の実装がある。SMBは、Windowsのファイル共有プロトコル。SMB 3.1.1の改良点や注意点をお伝えする。

[塩田紳二,著]

この連載は

新世代Windows Serverとして2016年9月に正式登場した「Windows Server 2016」。フリーで導入できる体験版を使って、新しいセキュリティ機能やコンテナ関連機能の設定など、新しく登場した“操作テクニック”を紹介する。執筆はIT関連媒体で長らくWindows Serverの解説連載を手掛けてきた塩田紳二氏だ


 「Windows Server 2016」(以下、WS16)の改良点の1つに新しいSMB 3.1.1の実装がある。SMBは、Windowsのファイル共有プロトコルの名称で、「Server Message Block」の略だ。こうしたMicrosoftのネットワークプロトコルでは、NetBIOSだのNetBEUIといった用語が使われているのを見かけるが、今ではこれらについては何も気にする必要はない。ファイル共有やプリンタ共有をするためのプロトコルとして、SMBというものがWindowsでは使われているという理解でいいだろう。このSMBは、現在ではTCP/IPで利用するのが普通であり、位置付けとしてはWebアクセスのHTTPやメール転送のSMTPなどと同じようなプロトコルと考えていい。

 実際、Windows Serverを導入して、そこにWindowsのクライアントを入れれば、サーバの管理者は、ユーザー登録や公開するフォルダなどを設定するだけで、クライアントからファイルのアクセスが可能なサーバ、つまりファイルサーバとして動作する。

 さて、このSMBだが、WS16では、SMB 3.1.1という最新のプロトコルを採用している。最新のSMB 3.1.1には、以下のような改良点がある。

SMB 3.1.1に実装した3つの改良点とは

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

news017.jpg

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...