2017年04月11日 12時00分 公開
特集/連載

「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Serverコンテナ」の違いは?「Windows Server 2016」2つのコンテナ

コンテナは、クラウドとモバイルアプリの設計に革命をもたらす。Microsoftの「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Server 2016コンテナ」の非常に重要な相違点を技術専門家が解説する。

[Michael Otey,TechTarget]

 Microsoftの「Windows Server 2016」のコンテナには2種類ある。1つは標準の「Windows Serverコンテナ」で、もう1つは「Hyper-Vコンテナ」だ。開発者の立場から見て、これらのコンテナには、どのような相違点があるのだろうか。

 Windows Server 2016のコンテナは、同じOSカーネルを共有するという点において、基本的に「Linux」のコンテナと同じである。どちらも軽量かつ効率的、そしてベアメタルで実行可能だ。Windows Serverコンテナを実行するために、仮想化を導入する必要はない。一方、Windows Server 2016の新しい概念であるHyper-Vコンテナは標準のコンテナより安全性が高い。このような構成が可能なOSは、Windows Server 2016だけだ。

 Hyper-Vコンテナを実行すると、各コンテナ専用の軽量な仮想マシンが起動する。これは基盤となるホストOSから各コンテナを分離することが目的だ。つまり、各仮想マシンと各コンテナには専用のWindowsカーネルが用意されるため、ホストと実行コンテナの完全な分離が実現できる。分離によって安全性が高まり、マルチテナント環境ではメリットが得られる。マルチテナント環境で分離を実現できなければ、同じホストOSカーネルを複数のテナントが共有することについて懸念が生じる恐れがあるからだ。だが、このようなマルチテナントシナリオでは、各コンテナに、他のコンテナと共有されることのない専用の基本OSカーネルが用意される。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...