2016年08月10日 12時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2016のコンテナ機能が災害復旧に有効な理由移植性に注目

Windowsコンテナは簡単に移植できることから、確実な災害復旧の機会を提供する。だが、まずはこれをいつ、どう利用すべきかの詳細について理解しておく必要がある。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 Windowsコンテナの概要(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 「Windows Server 2016」で新たに搭載されたコンテナ機能が大きな注目を集めている。このコンテナは「Docker」をベースとしていてアプリケーション仮想化に利用でき、アプリケーションの移植を可能にするという付加価値もある。WindowsコンテナはデスクトップPCで作成し、データセンターのサーバで運用して、コードに特段手を加えることなくクラウドに移植できる。コンテナは移植性が高く、アプリケーションをパブリッククラウドや代替データセンターに簡単に移せることから災害復旧(DR)のための選択肢としても興味深い。

Windowsコンテナのコンポーネントと移植問題

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...