2016年08月10日 12時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2016のコンテナ機能が災害復旧に有効な理由移植性に注目

Windowsコンテナは簡単に移植できることから、確実な災害復旧の機会を提供する。だが、まずはこれをいつ、どう利用すべきかの詳細について理解しておく必要がある。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 Windowsコンテナの概要(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 「Windows Server 2016」で新たに搭載されたコンテナ機能が大きな注目を集めている。このコンテナは「Docker」をベースとしていてアプリケーション仮想化に利用でき、アプリケーションの移植を可能にするという付加価値もある。WindowsコンテナはデスクトップPCで作成し、データセンターのサーバで運用して、コードに特段手を加えることなくクラウドに移植できる。コンテナは移植性が高く、アプリケーションをパブリッククラウドや代替データセンターに簡単に移せることから災害復旧(DR)のための選択肢としても興味深い。

Windowsコンテナのコンポーネントと移植問題

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...