2015年09月30日 12時00分 公開
特集/連載

これが本命か、Windowsネイティブの「Docker」コンテナが登場 その意味とは?「Windows Server 2016」プレビュー版に搭載

次期WindowsサーバOSの最新プレビュー版で、Dockerツールで管理できるWindows Serverコンテナがついに登場した。

[Trevor Jones,TechTarget]

関連キーワード

Docker | Hyper-V | 仮想マシン(VM)


Windows Server Container発表(出典:米Microsoft Scott Guthrie氏のブログ)《クリックで拡大》

 いよいよWindowsユーザーは、Windows環境でネイティブに動作するDockerコンテナを試せるようになった。

 米Microsoftは2015年8月、次期サーバOSの最新プレビュー版「Windows Server 2016 Technical Preview 3」(以下、Windows Server 2016 TP3)を公開した。Windows Server 2016 TP3では「Windows Server Container」のプレビューが初めて提供された。このコンテナはコンテナ技術「Docker」のツールで管理できる。WindowsユーザーがWindowsネイティブのDockerコンテナを試すことができるのはこれが初めて。Dockerコンテナは従来、Linuxでしか使用できなかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...