2015年09月30日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows Server 2016」プレビュー版に搭載これが本命か、Windowsネイティブの「Docker」コンテナが登場 その意味とは?

次期WindowsサーバOSの最新プレビュー版で、Dockerツールで管理できるWindows Serverコンテナがついに登場した。

[Trevor Jones,TechTarget]

関連キーワード

Docker | Hyper-V | 仮想マシン(VM)


tt_aa_kaigai.jpg Windows Server Container発表(出典:米Microsoft Scott Guthrie氏のブログ)《クリックで拡大》

 いよいよWindowsユーザーは、Windows環境でネイティブに動作するDockerコンテナを試せるようになった。

 米Microsoftは2015年8月、次期サーバOSの最新プレビュー版「Windows Server 2016 Technical Preview 3」(以下、Windows Server 2016 TP3)を公開した。Windows Server 2016 TP3では「Windows Server Container」のプレビューが初めて提供された。このコンテナはコンテナ技術「Docker」のツールで管理できる。WindowsユーザーがWindowsネイティブのDockerコンテナを試すことができるのはこれが初めて。Dockerコンテナは従来、Linuxでしか使用できなかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...