2015年02月19日 15時00分 公開
特集/連載

Windows移行に、Docker利用――2015年の注目プロジェクトはこれだ読者調査で分かったIT刷新トレンド

次々に登場している重要なITサービスを速やかに利用するには、まず既存環境を適切なレベルにまでアップグレードしておくことが不可欠だ。ITインフラが時勢に後れを取っていると、その企業自体が時代に取り残される。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 ITのアップグレードは単に「実現できればすばらしいこと」ではない。事業基盤の技術面を戦略的に改善することと同義だ。

 ただし、企業が2015年に取り組むITインフラプロジェクトの内容はハードウェア、ソフトウェア、人材に対して予算がどれだけ割けるかによって変わってくる。経済の回復基調に乗り予算も上乗せ傾向にあり、理にかなったプロジェクトであればゴーサインを出す企業が増えている。

 米TechTargetが実施したITの優先順位に関する調査によると、「2015年にハードウェア予算が増額された」と回答したITリーダーが約47%に上ることが明らかになった。また回答者の48%は、ソフトウェア予算にはハードウェア以上の増額が認められたと答えている。「クラウド関連のプロジェクトに予算が新たに割り振られた」との回答も41%に上った一方で、2015年にITスタッフの予算を増額すると答えた企業は32%にとどまった。

 また今回の調査から、北米企業のIT部門に所属する回答者の42%が、2015年にデータセンターインフラを何らかの形でアップグレードする予定であることが分かった。

 回答で多く挙げられたプロジェクトは以下の通り。

1. Windows Server 2012 R2への移行

ITmedia マーケティング新着記事

news170.jpg

自撮り写真の加工はメイク? 整形?――ByteDance「Ulikeユーザー白書」
ナチュラルに盛れると人気のカメラアプリ「Ulike」のユーザー調査。もっとも、カメラアプ...

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。