2013年11月05日 08時00分 公開
特集/連載

予算策定に参加すべき人と、参加すべきでない人の違い事業部門をどう巻き込むか

適切な人が参加する予算策定プロセスは成功する。問題となるのは適切な人の見極めと、積極的に参加してもらうための仕組み作りだ。

[Emma Snider,TechTarget]

 英語には、「The more, the merrier.(人数は多い方が楽しい)」という表現があるが、企業の予算編成プロセスにおいてもそうなのだろうか?

 米財務管理ソフトウェアベンダーAdaptive Planningのカスタマーエクセレンス担当上級マネジャー、ベン・ラモルテ氏によれば、答えは「イエス」だという。ただし、「さまざまな参加者が適切なレベルで関与する」という条件付きだ。

 ラモルテ氏は先頃ボストンで開催された「Adaptive Planning Roadshow」において、「Three Ways to Drive Better Planning Across Your Business(予算編成を改善するための3つの方法)」と題したセッションに登壇した。セッションの要点は、「予算策定に際し、財務責任者は終始一貫して事業責任者と協力し、その要望に応えるべきである」というものだった。

 実に立派な目標だ。だが、この目標を達成するための方法は必ずしも明白ではない。財務責任者が事業部門の適切な責任者を適切なタイミングで予算策定に関与させ、より有効な予算編成を行えるよう、ラモルテ氏は3つのベストプラクティスを紹介し、幾つかの留意点をかみ砕いて説明した。

事業部門に積極的に関与してもらう

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...