2007年01月09日 10時49分 公開
特集/連載

ITマネジャーが意識すべき予算編成健全化への5つのポイントColumn

予算編成のプロセスは、IT幹部にとって時に大きなストレスになる。常に経費でプレッシャーをかけられ、ITに投資する事業上のメリットを示す必要に迫られる中ではなおさらだ。ここでは、健全で生産的な予算編成のためのノウハウをお届けする。

[James Champy,TechTarget]

 ITマネジャーのほとんどは、予算編成が体にいい作業だとはまず思っていない。苦痛で時間ばかり取られ、会社の業務実態と離れて一人歩きしてしまうこともある。しかしこのプロセスをもっと生産的なものにして、経営陣に真の選択肢を与え、ITが事業にもたらす価値に脚光を当てられるとしたらどうだろう。

 2007年が近づく中、予算編成健全化のためのアドバイスを幾つかご紹介しよう。もっとも、この作業が必ずしも楽しいものになるとはお約束できないが。

削ることで成果を高める

 2006年のIT予算は2005年に比べて平均約4%増えたと聞けば、ITマネジャーは元気が出るかもしれない。だがこれにつられて上昇傾向が今後も続くと思ってはいけない。私が見たところ、インフラ(ハードウェア)とアプリケーションの両方でITのアップグレードと投資を行っている企業は多い。古くなったERPシステムでは成果は出せず、報告義務を満たすためにはもっと堅牢なシステムが要る。つまり簡単に言うと、企業の競争力維持とコンプライアンス規制遵守のためにはITへの出費を増やす必要があるのだ。

 しかしほとんどの企業では、業績好調なところでさえ、経費に極度のプレッシャーがかかっている。グローバルな競争と生産性の劇的な向上により、企業には新しいレベルの効率性強化が求められ、これが経費削減に転嫁されるのが常だ。

 従って予算編成着手に当たり、2007年は「削ることでいかに成果を高めるか」を念頭に取り組もう。たとえ獲得できる予算が増えたとしてもだ。ITマネジャーはコストプレッシャーと、支出に見合う事業上のメリットを示す必要性を実感するだろう。

日常経費と新たな投資

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...