2020年01月29日 05時00分 公開
特集/連載

「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」とは【前編】いまさら聞けない「RPA」「DPA」「BPA」の違い 何を自動化するのか?

「RPA」「DPA」「BPA」など、プロセスオートメーション分野のテクノロジーを指す用語が多様化している。それぞれどのように異なるのだろうか。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

 最高情報責任者(CIO)にとっては、プロセスの変革と自動化が大きな優先事項となっている。コンサルティング企業Deloitteが2018年に実施したグローバルCIO調査では、デジタルトランスフォーメーション(DX)で最も重視する分野として、IT幹部がプロセスの変革と自動化を挙げたことが明らかになった。回答した1437人のリーダーのうち69%がこの分野を優先事項に挙げ、他の全ての注目分野を上回った。

 調査会社Gartnerの報告によると、企業の間でプロセス変革への関心が高まる中、「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)の需要が高まっている。2018年のRPAソフトウェアの売上高は前年比63.1%増の8億4600万ドルに達した。こうした需要によって2019年のRPAソフトウェアの売上高は13億ドルにまで押し上げられると、同社は予測する。

 企業は効率の向上やデジタル化といった目標を推し進めるためにプロセスオートメーションテクノロジーを導入する。RPAは、そうした数多くのテクノロジーの一つにすぎない。急成長を見せるプロセスオートメーション分野には、数多くのソフトウェアがあるだけでなく、RPAや「デジタルプロセスオートメーション」(DPA)、「ビジネスプロセスオートメーション」(BPA)のように各目的に対応する略語がある。これらはいずれも企業のプロセスの一部を変革するものだ。

 これらのプロセスオートメーションテクノロジーのリストからは、さまざまな解釈や定義が生み出されている。その結果、それぞれの厳密な意味や実行対象について、市場では一部の意見の相違や混乱さえ生じている。

RPA

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。