「RPA」を業務自動化に生かす大手銀行、導入が進まない地方銀行口座開設や接客を自動化

銀行業界は、セキュリティ対策や顧客の口座開設プロセスの効率化にRPAツールを使い始めている。大手銀行とFinTech企業を中心にRPAツールの導入が進みつつあるが、地方銀行にとっては依然として障壁がある。

2019年04月07日 05時00分 公開
[Kassidy KelleyTechTarget]

関連キーワード

金融 | 業務プロセス


画像

 人工知能(AI)技術の導入が、大手企業で始まっている。金融業界でも、一部の大手銀行がチャットbotを社内用と顧客用に導入して成果を得たり、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)技術を導入してコストを削減したりしている。

 大手銀行以外の金融企業では、AI技術やRPAツールの採用はどのような状況にあるのか。どう活用すれば、最大限の利益を引き出すことができるのか。コンサルティング企業Kaufman Rossinのリスクアドバイザリーサービス部門マネジャー、ロベルト・バルデス氏によると、銀行業務におけるRPAツールのメリットには、効率性向上、有効性確保、コンプライアンス(法令順守)の3つがある。

 効率性向上は一般的に、プロセス自動化によるコスト削減を意味する。有効性確保は一貫性と標準化を指す。コンプライアンスの観点では、国や州の定めるプライバシーやセキュリティ強化の規制順守の徹底を図る。

口座開設プロセスにRPAを活用する大手銀行

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。