2019年04月07日 05時00分 公開
特集/連載

「RPA」を業務自動化に生かす大手銀行、導入が進まない地方銀行口座開設や接客を自動化

銀行業界は、セキュリティ対策や顧客の口座開設プロセスの効率化にRPAツールを使い始めている。大手銀行とFinTech企業を中心にRPAツールの導入が進みつつあるが、地方銀行にとっては依然として障壁がある。

[Kassidy Kelley,TechTarget]

関連キーワード

金融 | 業務プロセス


画像

 人工知能(AI)技術の導入が、大手企業で始まっている。金融業界でも、一部の大手銀行がチャットbotを社内用と顧客用に導入して成果を得たり、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)技術を導入してコストを削減したりしている。

 大手銀行以外の金融企業では、AI技術やRPAツールの採用はどのような状況にあるのか。どう活用すれば、最大限の利益を引き出すことができるのか。コンサルティング企業Kaufman Rossinのリスクアドバイザリーサービス部門マネジャー、ロベルト・バルデス氏によると、銀行業務におけるRPAツールのメリットには、効率性向上、有効性確保、コンプライアンス(法令順守)の3つがある。

 効率性向上は一般的に、プロセス自動化によるコスト削減を意味する。有効性確保は一貫性と標準化を指す。コンプライアンスの観点では、国や州の定めるプライバシーやセキュリティ強化の規制順守の徹底を図る。

口座開設プロセスにRPAを活用する大手銀行

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディン...

news057.jpg

東南アジアのソーシャルコマース最新事情
SNS時代に新しいカスタマージャーニー。アジアの消費者の心をつかむには?

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。