大注目の仮想化ソフト「Docker」に乗り遅れないためにGoogleも支持、期待の先にあるものとは

Googleをはじめとした多くの企業や多数の開発者に支持され、急成長を遂げている「Docker」が、本格的に企業利用を推し進めるべく商用サービスをリリースした。

2014年07月24日 12時00分 公開
[Trevor Jones,TechTarget]

 米Dockerは、それほど目新しくないテクノロジーをクラウドに結び付ける方法を見つけ、2014年6月9日(米国時間)、エンタープライズ市場に狙いを定め、コンテナ型仮想化ソフトウェアのリリースを発表した。

 サンフランシスコで創業した新興企業のDockerは、現在、エンタープライズ市場に対して真剣にアピールする準備をしつつ、商用レベルのソフトウェアとそのサポートを提供している。社名と同じ製品「Docker」がオープンソースソフトウェア(OSS)として初めてリリースされたのは2013年3月。同社は、米Googleを含む多くの業界リーダーがDockerを採用し、支持していることも明らかにした。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...