2014年07月24日 12時00分 公開
特集/連載

大注目の仮想化ソフト「Docker」に乗り遅れないためにGoogleも支持、期待の先にあるものとは

Googleをはじめとした多くの企業や多数の開発者に支持され、急成長を遂げている「Docker」が、本格的に企業利用を推し進めるべく商用サービスをリリースした。

[Trevor Jones,TechTarget]

 米Dockerは、それほど目新しくないテクノロジーをクラウドに結び付ける方法を見つけ、2014年6月9日(米国時間)、エンタープライズ市場に狙いを定め、コンテナ型仮想化ソフトウェアのリリースを発表した。

 サンフランシスコで創業した新興企業のDockerは、現在、エンタープライズ市場に対して真剣にアピールする準備をしつつ、商用レベルのソフトウェアとそのサポートを提供している。社名と同じ製品「Docker」がオープンソースソフトウェア(OSS)として初めてリリースされたのは2013年3月。同社は、米Googleを含む多くの業界リーダーがDockerを採用し、支持していることも明らかにした。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...