2014年07月24日 12時00分 公開
特集/連載

大注目の仮想化ソフト「Docker」に乗り遅れないためにGoogleも支持、期待の先にあるものとは

Googleをはじめとした多くの企業や多数の開発者に支持され、急成長を遂げている「Docker」が、本格的に企業利用を推し進めるべく商用サービスをリリースした。

[Trevor Jones,TechTarget]

 米Dockerは、それほど目新しくないテクノロジーをクラウドに結び付ける方法を見つけ、2014年6月9日(米国時間)、エンタープライズ市場に狙いを定め、コンテナ型仮想化ソフトウェアのリリースを発表した。

 サンフランシスコで創業した新興企業のDockerは、現在、エンタープライズ市場に対して真剣にアピールする準備をしつつ、商用レベルのソフトウェアとそのサポートを提供している。社名と同じ製品「Docker」がオープンソースソフトウェア(OSS)として初めてリリースされたのは2013年3月。同社は、米Googleを含む多くの業界リーダーがDockerを採用し、支持していることも明らかにした。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...