2014年07月24日 12時00分 公開
特集/連載

大注目の仮想化ソフト「Docker」に乗り遅れないためにGoogleも支持、期待の先にあるものとは

Googleをはじめとした多くの企業や多数の開発者に支持され、急成長を遂げている「Docker」が、本格的に企業利用を推し進めるべく商用サービスをリリースした。

[Trevor Jones,TechTarget]

 米Dockerは、それほど目新しくないテクノロジーをクラウドに結び付ける方法を見つけ、2014年6月9日(米国時間)、エンタープライズ市場に狙いを定め、コンテナ型仮想化ソフトウェアのリリースを発表した。

 サンフランシスコで創業した新興企業のDockerは、現在、エンタープライズ市場に対して真剣にアピールする準備をしつつ、商用レベルのソフトウェアとそのサポートを提供している。社名と同じ製品「Docker」がオープンソースソフトウェア(OSS)として初めてリリースされたのは2013年3月。同社は、米Googleを含む多くの業界リーダーがDockerを採用し、支持していることも明らかにした。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...