2014年06月12日 08時00分 公開
特集/連載

ITインフラの新常識“Immutable Infrastructure”の先駆け、Azure クラウドサービスMicrosoft Azureスマート解説【第4回】

既に4年前からImmutable Infrastructureを実現している「Microsoft Azure クラウドサービス」。インフラに依存しない/させない設計をすることで、クラウドのメリットを十分に活用することができる。

[日山雅之,FIXER]

近年注目を集める“Immutable Infrastructure”

 近年、“Immutable Infrastructure”と呼ばれる、新しいインフラの管理手法が注目を集めている。Immutable Infrastructureをテーマとしたイベント「Immutable Infrastructure Conference #1」には、定員150人に対して、400人の応募があった。

 Immutable Infrastructureでは、名前の通り一度作成したインフラを不変なものとして扱う。すなわち、サーバの状態管理を行わず、アプリケーションをデプロイするたびに新しいインフラを構築する。そして、旧インフラについては、不要になり次第、破棄する。

 従来のデプロイ方式では、既存のサーバへ上書きデプロイを行う。この場合、サーバの状態によってはデプロイに失敗してしまう。どんなにサーバの状態を管理していても、予期しない設定が原因で失敗することがある。そして失敗した場合、ロールバックは容易ではなく、ロールバック中はサービスが停止してしまう。また、本番環境と同じように開発環境を構築することが困難であり、両環境の差異がデプロイ失敗の原因になる場合がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...