ITインフラの新常識“Immutable Infrastructure”の先駆け、Azure クラウドサービスMicrosoft Azureスマート解説【第4回】

既に4年前からImmutable Infrastructureを実現している「Microsoft Azure クラウドサービス」。インフラに依存しない/させない設計をすることで、クラウドのメリットを十分に活用することができる。

2014年06月12日 08時00分 公開
[日山雅之,FIXER]

近年注目を集める“Immutable Infrastructure”

 近年、“Immutable Infrastructure”と呼ばれる、新しいインフラの管理手法が注目を集めている。Immutable Infrastructureをテーマとしたイベント「Immutable Infrastructure Conference #1」には、定員150人に対して、400人の応募があった。

 Immutable Infrastructureでは、名前の通り一度作成したインフラを不変なものとして扱う。すなわち、サーバの状態管理を行わず、アプリケーションをデプロイするたびに新しいインフラを構築する。そして、旧インフラについては、不要になり次第、破棄する。

 従来のデプロイ方式では、既存のサーバへ上書きデプロイを行う。この場合、サーバの状態によってはデプロイに失敗してしまう。どんなにサーバの状態を管理していても、予期しない設定が原因で失敗することがある。そして失敗した場合、ロールバックは容易ではなく、ロールバック中はサービスが停止してしまう。また、本番環境と同じように開発環境を構築することが困難であり、両環境の差異がデプロイ失敗の原因になる場合がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。