2014年06月12日 08時00分 公開
特集/連載

ITインフラの新常識“Immutable Infrastructure”の先駆け、Azure クラウドサービスMicrosoft Azureスマート解説【第4回】

既に4年前からImmutable Infrastructureを実現している「Microsoft Azure クラウドサービス」。インフラに依存しない/させない設計をすることで、クラウドのメリットを十分に活用することができる。

[日山雅之,FIXER]

近年注目を集める“Immutable Infrastructure”

 近年、“Immutable Infrastructure”と呼ばれる、新しいインフラの管理手法が注目を集めている。Immutable Infrastructureをテーマとしたイベント「Immutable Infrastructure Conference #1」には、定員150人に対して、400人の応募があった。

 Immutable Infrastructureでは、名前の通り一度作成したインフラを不変なものとして扱う。すなわち、サーバの状態管理を行わず、アプリケーションをデプロイするたびに新しいインフラを構築する。そして、旧インフラについては、不要になり次第、破棄する。

 従来のデプロイ方式では、既存のサーバへ上書きデプロイを行う。この場合、サーバの状態によってはデプロイに失敗してしまう。どんなにサーバの状態を管理していても、予期しない設定が原因で失敗することがある。そして失敗した場合、ロールバックは容易ではなく、ロールバック中はサービスが停止してしまう。また、本番環境と同じように開発環境を構築することが困難であり、両環境の差異がデプロイ失敗の原因になる場合がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...

news037.jpg

「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化...