2010年11月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

選定基準はスペックだけではない失敗しないハイパーバイザーの選び方

効果的なサーバ仮想化を実現するためには、目的に合ったハイパーバイザーを選ぶことが重要だ。ハイパーバイザー選択の基準を幾つか紹介する。

[Danielle Ruest、Nelson Ruest,TechTarget]

 ハイパーバイザーおよびそれによって仮想化されるワークロードは、企業がハードウェアを効率的に運用することを可能にする。

 ワークロードが稼働する物理サーバの利用率が15%以下にすぎないことに気付いた企業は、サーバを仮想化するハイパーバイザーを利用して、物理サーバの利用率を80%以上に高めたいと考え始めた。

 複数の仮想ワークロードが稼働する物理サーバ(通常は物理サーバ1台当たり10ないし30、あるいはそれ以上のワークロードを保有する)は、効率の高い利用モデルを実現するだけでなく、グリーンデータセンターというコンセプトにも合致する。サーバ仮想化を可能にする手品の種は、ハイパーバイザーと呼ばれる小さなコードだ。これは、ハードウェアリソースを利用して複数の仮想マシン(VM)の運用をサポートするツールだ。VMそれ自体は、CPUコア、メモリ、ネットワークインタフェースカード(NIC)、ストレージを共有するOSインスタンスだ。これらはx86ベースのOSで、WindowsもしくはLinux32ビット版および64ビット版を実行できる。

ハイパーバイザーの活用

 ハイパーバイザーは、VM内でワークロードを稼働させる。VMは、企業が業務を遂行するのに必要な従来型のネットワーク化されたサービスを実行するのに利用される。ワークロードを管理する方法は従来と同じだ。VMは物理マシンとまったく同じように振る舞い、同じように外界と交信する。

 しかし物理サーバの管理方法は従来とは異なる。この新しい運用モデルは、サーバハードウェアを、ルータ、スイッチ、ストレージコンテナといったほかのハードウェアデバイスと同じレベルで扱う。サーバ群はリソースのプールとして高可用性クラスタを構成し、ユーザーが運用するワークロードが稼働するVMの可用性を確保する。

 ハイパーバイザーを最大限に活用するには、ニーズに合った製品を選択しなければならない。現在、何種類かのハイパーバイザーが出回っており、ハイパーバイザーを提供している企業も何社か存在する。正しい選択をするには、以下の点を検討し、どの製品が自社に適しているのか判断する必要がある。

関連ホワイトペーパー

サーバ | 仮想化 | 32ビット | 64ビット | Linux | Windows


ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...