2015年05月12日 12時00分 UPDATE
特集/連載

DockerのCEOに直撃Windowsとも仲良く、Dockerのロードマップは2015年も新展開がめじろ押し

Dockerの2015年の技術ロードマップには、Windows対応、オープンソースオーケストレーションツールのリリース、コンテナ製品のアップデートなどが掲げられている。

[Jan Stafford,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg Dockerの仕組み(参照:1回で分かる:仮想化とは違うコンテナ技術「Docker」って何?)《クリックで拡大》

 アプリケーションコンテナ技術「Docker」の2013〜2014年における進化のペースは物足りないと言わんばかりに、米Dockerは2015年に入って、まずDockerのオープンソースオーケストレーションツールを「Linux」向けに提供開始し、同ツールの「Microsoft Azure」および「Hyper-V」向けのβ版もリリースした。これはまだ序の口だと、Dockerのベン・ゴラブ最高経営責任者(CEO)は語る。「われわれが2013年に初版をリリースしたDockerは、2014年には7000万ダウンロードを記録し、優れた製品であるだけでなく、巨大なエコシステムをも生み出した。ちょっとしたセンセーションを巻き起こしている」。同氏にDockerの技術ロードマップについて話を聞いた。

――開発者やシステム管理者にとって、Dockerがオープンな分散アプリケーションプラットフォームとして提供する重要な価値は何ですか?

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...