2015年02月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

インフラ管理者のためのDocker解説【第1回】企業での安定稼働に向かう「Docker」、2014年をまるっと振り返り

2014年6月にバージョン1.0をリリースして以来、すさまじい勢いで機能アップデートを続ける「Docker」。2015年はどのような進化を遂げるのだろうか。CoreOS「Rocket」との関係は?

[中津川 篤司,MOONGIFT]

関連キーワード

Docker


 Linuxコンテナを使った仮想化技術として注目を集めているDocker。ほぼ毎週のように新しいニュースが舞い込み、高速に進化していく様子がうかがえる。開発も活発で、コミュニティーでは絶え間なくやりとりが行われている。Dockerは2015年も確実に進化を遂げるはずだ。今回は、Dockerが2014年に歩んできた道をまとめた。

これまでのバージョンアップと主な追加機能

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...