2015年06月29日 12時00分 公開
特集/連載

「Windows Server 2016」がDockerをサポート、大幅強化されるコンテナ技術の中身とは?Hyper-V ContainerとWindows Server Container

Microsoftは次期サーバOS「Windows Server 2016」で、Dockerコンテナをサポートする。また、「Windows Server Container」と「Hyper-V Container」を提供する予定だ。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
MicrosoftのTechNet Evaluation Center では2015年10月15日までTechnical Preview 2のダウンロードができる《クリックで拡大》

 コンテナは、ソフトウェアコンポーネントとアプリケーションによる軽量な仮想環境を提供することから、2014年に大きな注目を集めた。コンテナ技術の大半はLinuxベースで、Dockerなどの主要プラットフォームに集中している。そのため、Windows環境ではコンテナの採用が遅れている。Windows環境の管理者は、Hyper-Vの下、使い慣れたハイパーバイザーと完成された仮想マシン(VM)を使用している。

 近々リリースされる「Windows Server 2016」によってこの状況が変わろうとしている。Windows Server 2016では、新しくHyper-VコンテナをサポートするとともにDockerコンテナもサポートする。そこで、Windows Server 2016での提供が見込まれるコンテナサポートについて詳しく見てみることにする。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。