仮想マシン(VM)を快適に使う「CPU」選びのポイントと「CPU仮想化」の基礎VMに最適なCPUの選び方【第1回】

システムの中核要素である「CPU」の特徴は製品ごとに異なる。CPUを選択する際のポイントと、仮想マシンの利用時に重要となる「CPU仮想化」の仕組みを概説する。

2022年11月16日 05時00分 公開
[Ryann BurnettTechTarget]

 システムにおける動作速度といったパフォーマンスを左右する要素として、メモリやストレージ、ネットワーク機器などに加えて、「CPU」(中央処理装置)がある。基本的には、システムの用途に応じたCPU選択が必要になる。

仮想マシンを快適に動かす「CPU」の条件 「CPU仮想化」とは?

 仮想マシン(VM)を利用する際は、「CPU仮想化」に適したCPUを選択することが大切だ。CPUの選択や設定を誤ると、VMの運用に悪影響を及ぼす可能性がある。

 物理的なCPUリソースを抽象化し、論理的に分割する技術がCPU仮想化だ。CPU仮想化は、CPUリソースを効率的に利用できるようにする。

 CPU仮想化には「ハイパーバイザー」という仮想化ソフトウェアを利用する。ハイパーバイザーは、1個のCPUを複数の仮想CPU(vCPU)に分割できる。アプリケーションのデータ処理の負荷に応じて、ハイパーバイザーは1つまたは複数のvCPUをVMに割り当てる。


 第2回は、IntelとAMD(Advanced Micro Devices)の主要なCPUが備える、仮想化支援機能を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...