2022年11月16日 05時00分 公開
特集/連載

仮想マシン(VM)を快適に使う「CPU」選びのポイントと「CPU仮想化」の基礎VMに最適なCPUの選び方【第1回】

システムの中核要素である「CPU」の特徴は製品ごとに異なる。CPUを選択する際のポイントと、仮想マシンの利用時に重要となる「CPU仮想化」の仕組みを概説する。

[Ryann BurnettTechTarget]

 システムにおける動作速度といったパフォーマンスを左右する要素として、メモリやストレージ、ネットワーク機器などに加えて、「CPU」(中央処理装置)がある。基本的には、システムの用途に応じたCPU選択が必要になる。

仮想マシンを快適に動かす「CPU」の条件 「CPU仮想化」とは?

 仮想マシン(VM)を利用する際は、「CPU仮想化」に適したCPUを選択することが大切だ。CPUの選択や設定を誤ると、VMの運用に悪影響を及ぼす可能性がある。

 物理的なCPUリソースを抽象化し、論理的に分割する技術がCPU仮想化だ。CPU仮想化は、CPUリソースを効率的に利用できるようにする。

 CPU仮想化には「ハイパーバイザー」という仮想化ソフトウェアを利用する。ハイパーバイザーは、1個のCPUを複数の仮想CPU(vCPU)に分割できる。アプリケーションのデータ処理の負荷に応じて、ハイパーバイザーは1つまたは複数のvCPUをVMに割り当てる。


 第2回は、IntelとAMD(Advanced Micro Devices)の主要なCPUが備える、仮想化支援機能を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。