TIBCOとの合併はCitrixにとって喜びなのか、苦しみなのか激動の仮想デスクトップ市場【第2回】

デスクトップ仮想化ベンダーCitrix Systemsはデータ分析ベンダーTIBCO Softwareと合併した。合併がCitrixにもたらす影響とは。主力製品の動向を基に、Citrixの今後を予想する。

2023年03月08日 08時15分 公開
[Gabe KnuthTechTarget]

 仮想化ベンダーCitrix Systemsは2022年9月に、データ分析ベンダーTIBCO Softwareと合併した。CitrixはTIBCOと共に、持ち株会社のCloud Software Group Holdings傘下ブランドとなった。Cloud Software GroupのWebサイトは、CitrixとTIBCOの企業説明に加えて、ロードバランサー「NetScaler」など両ブランドの製品説明で構成されている。利用するドメインは、Citrixが所有してきた「cloud.com」だ。

Citrixの未来は明るいのか、暗いのか

 「Citrixの未来は暗い」という予測がある。2022年10月、同社は従業員のレイオフ(一時解雇)を実施した。

 今後Citrixは、ビジネスの重心をユーザー企業の多い主力事業に移すと予想できる。IT業界の流行を追い掛けるのではなく、得意分野に再び焦点を当てて、基本に立ち返った取り組みを実施する可能性がある。もちろん何が起こるかは、誰にも分からない。

 Citrixは「VDI」(仮想デスクトップインフラ)に注力する意向だ。同社が2022年8月に発表した、仮想デスクトップ管理ツール「Citrix HDX Plus for Windows 365」は、同社のVDI製品戦略の試金石となり得る。

 MicrosoftのDaaS「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)を、Citrix製品の管理ツール「Citrix Cloud」で管理可能にするツールが、Citrix HDX Plus for Windows 365だ。ユーザー企業が既にCitrix製品を利用している場合、Windows 365の仮想デスクトップも、同じユーザーインタフェース(UI)で管理できるようになる。


 次回は、半導体ベンダーBroadcomによる、仮想化ベンダーVMware買収の影響を探る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...