逆襲のCitrix――クラウドで出遅れ、「DaaS」強化で大逆転へ投資ファンドによる買収が及ぼすCitrix製品への影響【前編】

仮想化ベンダーのCitrixが投資ファンドに買収される。これにより、同社はDaaS事業をより充実させる可能性がある。

2022年03月18日 05時00分 公開
[Maxim TamarovTechTarget]

 Citrix Systemsは、投資ファンドVista Equity Partners ManagementとEvergreen Coast Capitalの傘下企業になる。両投資ファンドが2022年1月に発表した。仮想化大手であるCitrixの製品ラインアップは、さまざまなデバイスでアプリケーションをシームレスに利用するためのデジタルワークスペース製品群「Citrix Workspace」を中心に構成されている。

 米TechTargetの調査部門であるEnterprise Strategy Group(ESG)のアナリストであるマーク・ボウカー氏は、競合仮想化ベンダーのMicrosoftやVMwareと比較したときのCitrixの強みとして「Citrix microapps」を挙げる。Citrix microappsは、CitrixがCitrix Workspace専用に開発し、同製品と一体化させたシンプルなワークフローソフトウェアだ。

 「Citrixは競合他社と比べて、デスクトップ仮想化製品群をクラウドサービス化するのに出遅れた」とボウカー氏は指摘する。今回の買収に伴って同社の注力分野が、オンプレミスインフラ向け製品からクラウドサービスへと加速度的に移行すると同氏はみる。

Citrixの“反撃”が始まる

 Vista Equity Partners ManagementとEvergreen Coast Capitalは、Citrixを買収してBI(ビジネスインテリジェンス)ベンダーのTIBCO Softwareと合併させると発表した。投資ファンド両社は2022年下半期に買収を完了させ、業務用ソフトウェアの大手ベンダーを誕生させようとしている。

 「買収によって、高い成長の見込める事業分野に投資したり、イノベーションを生み出したりする財務的な余地が高まった」。Citrixの事業戦略担当エグゼクティブバイスプレジデントであるティム・ミナハン氏はこう語る。

 今回の買収は、Citrix WorkspaceをはじめとしたCitrixのDaaS(Desktop as a Service)事業の改善につながると、IT調査会社Gartnerのアナリスト、トニー・ハーヴィー氏はみる。Gartnerの予測によると、DaaS市場は2025年まで毎年18%成長する。「『DaaS事業に投資して成長する』という狙いがCitrixにはある」とハーヴィー氏は話す。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...