2020年11月20日 05時00分 公開
特集/連載

オープンソースとCitrixの「Xen」の基本的な違いとは?仮想化ソフトウェア「XCP-ng」とは【前編】

オープンソースの仮想化ソフトウェア「XCP-ng」を管理するXen Projectと、「Xen」ブランドの仮想化ソフトウェアを提供してきたCitrix Systems。両社の関係とは。

[Brian Kirsch,TechTarget]

 Xen Projectが管理するオープンソースの仮想化ソフトウェア「Xen Cloud Platform」(XCP)の最新版「XCP-ng」は、仮想化技術とクラウドコンピューティングの両方に関する機能を提供する。XCP-ngはハイパーバイザーの「Xen Project Hypervisor」や仮想マシン(VM)管理用API(アプリケーションプログラミングインタフェース)の「Xen Project Management API」(XAPI)などの要素で構成されている。VMのライフサイクル管理とリソースプール、イベント追跡、リアルタイムパフォーマンス監視、ストレージのライブマイグレーションを実現する「Storage XenMotion」も含む。

 他の一般的なサーバ仮想化製品と同様に、XCP-ngはハイパーバイザーを利用してVMを実行する。IT管理者はXCP-ngにより、ワークロード(アプリケーション)の集約や省電力、ハードウェアの冷却効率の向上、管理の改善を実現できる。XCP-ngのモダンなユーザーインタフェース(UI)を使ってホストを管理することも可能だ。XCP-ngの大部分のコンポーネントは、オープンソースソフトウェア(OSS)用のライセンス「GNU General Public License」(GPL)のバージョン2に準拠している。

Citrix SystemsとXen Projectの気になる関係

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...

news079.jpg

P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...